Webデザイナーは多すぎる?その理由や活躍するための3つのポイント | Webデザインスクールの J CLASS ACADEMY
徹底解説

未経験からWebデザイナーを目指すポイント

Webデザイナーは多すぎる?その理由や活躍するための3つのポイント

  • TOP
  • コラム
  • Webデザイナーは多すぎる?その理由や活躍するための3つのポイント

Webデザイナーになりたいけれど、Webデザイナーの人口が多すぎて飽和状態なのでは、とお考えではありませんか。
たしかにたくさんの職種のなかでもWebデザイナーは人気のため、人口が多いのは事実です。
これからWebデザイナーになりたい人からすれば、大きな問題ではないでしょうか。
そこで今回は、Webデザイナーの多すぎる問題についてお話ししますので、参考にしてみてください。

Webデザイナーが多すぎるのは本当?

Webデザイナーが多すぎるのかどうかの基準はとても難しいですが、全国で20万人ほどが活躍しているというデータがあります。
しかも、Webデザイナーに限らずIT関連を希望する人はさらに増加傾向にあると予想されています。
とくにテレワークが導入されたここ数年の間に、どこでも働けるWebデザイナーは注目されています。
Webデザイナーの人口が将来的に増加すれば、仕事の取り合いなどが発生する可能性はあります。
逆に、Webデザイナーに多くの需要があるからこそ、人口が増加していると前向きに考えるべきではないでしょうか。

Webデザイナーが多すぎる理由は?

では、なぜここまでWebデザイナーが増えてしまったのでしょうか。
それにはいくつかの理由があります。

自由な働きかたができるから

Webデザイナーは、パソコンとインターネット環境さえあれば、どこでもできる仕事として知られています。
企業勤めであれば難しいですが、フリーランスであれば好きな場所で仕事ができます。
納期さえ間に合えば朝に働こうが夜に働こうが関係ないため、Webデザイナーが選ばれやすいです。

オシャレな職種だから

Webデザイナーは、とてもオシャレでカッコいいイメージを持たれている人は多いはずです。
どの職業にも言えることですが、色を扱う業界はトレンドの最先端にいるからです。
Webデザイナーも色を使う仕事ですし、多くの人の目にとまるものを提供するわけですから、余計にオシャレに見られます。

資格がなくてもできるから

専門性の高い仕事は資格や免許を取得しないといけませんが、Webデザイナーになるための資格はありません。
ですから、今日にでもWebデザイナーと名乗れてしまう世界でもあります。
極端な話ですが、デザインのことをまったく知らなくても、Webデザイナーと名乗り仕事の受注をすることも可能です。
それくらいにWebデザイナーになるのはハードルが低いため、人口が増加しています。

この先も需要があるから

Webデザイナーの業界は、この先も需要があります。
なぜなら、インターネットが消えてなくならない限り、デザインは関わってくるからです。
例えばWebサイトのバナーやロゴだけではなく、SNSのヘッダー画像、アイキャッチ画像作成など、多くの仕事があります。
とくにSNSや動画関連のデザインは、今後もどんどん需要が高まる可能性が高いです。

無料相談会で話を聞いてみよう!

オンラインセミナーの申込ボタン

Webデザイナーが多すぎても問題なし!活躍する方法は?

これからWebデザイナーとして活動していく場合、どうやってライバルと戦い勝ち抜くことができるのでしょうか。

デザインスキルを磨く

多くのライバルから勝ち残るためには、デザインスキルを身につけるべきです。
なぜなら、Webデザイナーになるには資格を必要としないからです。
多くのWebデザイナーとの違いを見せるためには、デザイン力の高さで示さなければなりません。
Webデザイナーとしてデザインの基礎だけではなく、UIやUX、流行までをしっかり勉強しておくとベストです。

デザイン以外のスキルを覚える

Webデザイナーは、デザインだけを知っていればいい、というわけではありません。
今はWebデザイナーでもマルチプレイヤーが活躍する時代になってきました。
例えば、Webサイトまわりの対応ができるコーディングやプログラミングをはじめ、集客に強いマーケティングスキルまでを理解しているWebデザイナーはかなり重宝されます。
Webデザイン以外のスキルを学ぶのはとても大変ですが、すべては手に職につながりますし、知っておいて絶対に損はありません。

Webディレクターを目指す

Web関連の職種のなかで、上位職として知られているのがWebディレクターです。
Webディレクターは、依頼があった企業担当者や自社営業担当との打ち合わせ内容をもとに、コーダー、プログラマーなどに指示をだす監督のような存在です。
指示をだすWebディレクター自身が、各担当者がやるべきことを理解していないといけませんし、コミュニケーション力が低ければできない難しい職種でもあります。ですが、Webデザインを理解しているWebディレクターはかなり貴重な存在のため、多くのライバルに勝てる可能性が高いです。

Webデザイナーが多くてもフリーランスで安定収入を得られる方法は?

hand giving money bag to another people on green background with sunrise

どこかの企業に属していれば、Webデザインのスキルがそこそこでも、仕事はさせてもらえるものです。
では、競争の激しいフリーランスのWebデザイナーの場合、どうやって安定収入を得られるのでしょうか。

依頼主と細かく連絡を取り満足度を高める

フリーランスとして活躍したい場合、ひとつの依頼が今後の人生を左右されるといっても過言ではありません。
多くのフリーランスは、目の前にある仕事だけをこなして終わろうとしますが、それでは次の仕事につながりません。
せっかく受注できた仕事なわけですから、依頼主と細かくやり取りを行い、満足度を高めるようにしてみてください。

営業をかけてみる

フリーランスのWebデザイナーの場合、待っていても仕事がもらえるわけではありません。
こればかりは素晴らしいスキルを持っていても、難しい問題だと言えます。
フリーランスは、コツコツと真面目に営業をしていくことからはじめ、徐々に知られていった結果、仕事がもらえるようになってきます。
多くの人は営業経験がなく大変な作業ですが、自分のスキルや経験に自信があれば、話を聞いてくれる企業は絶対に存在しています。

ポートフォリオを作っておく

営業をしていくのと同時に、ポートフォリオを作っておくべきです。
ポートフォリオは、自分の過去の作品をまとめて多くの人が閲覧できるようにしておくとベストです。
依頼側は、Webデザイナーの実績やセンスがポートフォリオで確認できるため、大きなメリットがあります。

Webデザインスクールを活用する

フリーランスのWebデザイナーとしてやっていきたいのであれば、Webデザインスクールの利用をおすすめします。
とくに、これからWebデザインを学ぶ人にとっては、Webデザインスクールは大きな存在となります。
なぜなら、WebデザインだけではなくWebサイトまわりのこともまとめて学習できるからです。
Webデザインスクールによっては、仕事の紹介などもしてくれるため、やりたかったことがすべて手に入ります。

無料相談会で話を聞いてみよう!

オンラインセミナーの申込ボタン

まとめ

Webデザイナーの人口が多すぎるという意見がありますが、それだけ需要がある職種だと言うことです。
ですが今後も、インターネットが存在している限り、Webデザイナーの仕事はたくさんあると考えるべきです。
Webデザイナーはライバルも多いため、何のスキルもないと活躍する間もなく終わってしまいますが、逆に誰も持っていないようなスキルや経験を身につけておけば、企業でもフリーランスでも活躍すること間違いありません。

気になることをなんでも聞ける!

無料相談会開催中!

Webデザインのことや、お金のこと、勉強方法
何でも丁寧にご説明しますので
お気軽にご参加ください。

申込までの流れの図 無料相談会に参加する