30代未経験はWebデザイナーになれる?その方法や事前に知っておくべきこと | Webデザインスクールの J CLASS ACADEMY
徹底解説

未経験からWebデザイナーを目指すポイント

30代未経験はWebデザイナーになれる?その方法や事前に知っておくべきこと

  • TOP
  • コラム
  • 30代未経験はWebデザイナーになれる?その方法や事前に知っておくべきこと

30代の未経験者でも、Webデザイナーになりたい、とお考えではありませんか。

30代になると、未経験の仕事にチャレンジするのは勇気がいりますし、転職ではなかなか採用されないと諦めているはずです。

ですが、Webデザイナーであれば会社に属することもできれば、フリーランスとしても働けるため30代未経験であっても実現しやすい職種です。

今回は、30代未経験のWebデザイナーについてお話ししますので、参考にしてみてください。

30代未経験はWebデザイナーになれない?

結論から言いますと、30代未経験でもWebデザイナーになれます。
ですが、Webデザイナーになるのは簡単ですが、その後は大変な覚悟をもってやらないといけません。
どこかの企業に転職した場合は、多くの先輩が年下ですし、その年下から仕事を教えてもらうケースもあります。
失敗をすれば注意されることもあるため、30代というプライドがあれば、確実に向いていないと言えます。
また、フリーランスの場合は上司はいませんし怒られることもありませんが、自分で仕事を獲得し続けなければなりません。
とはいっても、30代で異業種に挑戦し、充実した生活を送っている人はとても多いため、前向きに折れることなく頑張れるのでしたら将来は明るいです。

30代未経験がWebデザイナーになる前に知っておくこと

30代は、仕事で言うと最後の転職になる可能性があるため、慎重に行動しなければなりません。
すぐに行動するのは大切ですが、人生の大きな決断ですから、しっかり考えてから行動しましょう。

年収は確実に下がる

今までどこかの企業で働いていたのであれば、そこそこの年収になっているはずです。
ですが、30代未経験ともなれば、Webデザイナーに限らず転職先では確実に年収がダウンします。
なぜなら、未経験者にそれだけたくさんのお金をだせないからです。
業務のことをいちから教えられる立場になるため、大幅な年収ダウンは避けられません。
転職後は長い目で見ると、徐々に年収はアップしていきますが、前職に比べると当分届くことはないでしょう。

先輩や上司は年下

30代になるとプレイヤーからマネジメントをする側にまわり、たくさんの部下や後輩を指導する立場になります。
ですが、30代未経験で入社すると、多くの先輩たちは年下の可能性があります。
Webデザイン関連の仕事は若者が多いため、30代の未経験者は立場が逆転してしまいます。
職場によっては、年下から呼び捨てにされたり、場合によっては注意されたりもあります。

覚えることはかなり多い

新卒から30代までを1社で勤めていた場合、新しく覚えることはほとんどなく、むしろ誰かに教えるという立場にあります。
ですが、30代未経験の場合は、ある意味新卒の立場に戻るわけですから、会社のことやWebデザイン、顧客のことまで覚えないといけません。
年齢を重ねるごとに、新しいことを覚えるのはとても大変なため、そのしんどさを理解していないとつらい経験になってしまうでしょう。

30代未経験がWebデザイナーになった際の年収は?

Webデザイナーの平均年収は380万円程度だと言われています。
これはすべての年齢を含めた平均年収ですから、20代はもう少し低く、40代や50代になれば高くなる傾向にあります。
もちろん、スキルがある人や役職に就いているWebデザイナーであれば、高年収という人もいます。
では、いま自分がもらっている年収と比べてみてどうでしょうか。
ご自身がもらっている年収と比べて、Webデザイナーの年収が高いと感じるのであれば問題はありませんが、低いと感じたのであれば問題です。
なぜなら、年収によっては生活水準を大きく落とさないといけないからです。
年収が下がってもWebデザイナーになりたい、叶えたいことがある場合はそのまま進むべきですが、そうではない場合は踏みとどまるべきです。

無料相談会で話を聞いてみよう!

オンラインセミナーの申込ボタン

30代未経験がWebデザイナーになった後の注意事項

もし、無事に30代未経験がWebデザイナーになれた場合、これからは経験を積んで一人前にならないといけません。
実際にどこかの企業に属する場合、Webデザイナーとしてやっていくのであれば、注意するべき項目があります。

今までの経験は通用しない

Webデザイナーに限らずですが、前職の経験があればそれを活かすのが当然だと言えます。
ですが、未経験の業界に飛び込んだ場合、前職の経験がまったく役に立たない可能性があります。
とくに会社が変わるわけですから、ルールも違いますし人それぞれの考えかたもまったく違います。
ですから、過去の経験がまったく活かせなかったとしても、それは仕方のないことだと考え前向きに進んでいくようにしましょう。

年上だからと言って偉そうにしない

30代未経験が転職すると、多くのケースで上司や先輩が20代の年下になります。
ですが、30代からすれば人生の先輩ですから、気に入らないことや不満に感じることをそのまま年下の先輩や上司に注意する、なんてことがあります。
偉そうに注意をすると、仕事すら教えてもらえなくなります。
仮に指摘する内容が正しかったとしても、言いかたや伝えかたは気を付けないといけませんし、教えてくれている人たちに注意をすればどうなるのか、ということを考えないといけません。

常に学ぶ意欲を忘れない

30代になると覚えることが少なくなりますが、未経験でWebデザイナーを選んだ場合、毎日勉強の日々が待っています。
しばらくの間、勉強という勉強はしてこなかったはずですから、学ぶ意欲が失われている可能性があります。
ですが、せっかくWebデザイナーを未経験でチャレンジすると決心したわけですから、ゴール向かって常に学ぶ意欲を忘れないようにするべきです。
もし企業に勤める場合は、学ぶ意欲を見せれば評価してくれるため、将来のビジョンも見えやすくなります。

30代未経験がWebデザイナーになる方法は?

30代未経験でも、努力と方法次第ではWebデザイナーになれます。
Webデザイナーになる方法は、独学で学ぶかWebデザインスクールに通うかのどちらかです。

独学

お金をかけずに自分のペースで勉強する方法が独学です。
独学は、最小の費用でWebデザインを学べますが、時間がかかるためまったくおすすめできない方法です。
とくに30代であれば、最短でWebデザインを学習する必要があります。
また、現在別な企業に属しているのであれば、勉強する時間はかなり限られているため、いかに効率よくWebデザインをマスターできるのかにかかっています。

Webデザインスクール

多くの30代未経験が利用している方法が、Webデザインスクールです。
30代であればお金よりも時間ですし、ある程度の費用がかかっても最短でマスターできるWebデザインスクールを利用するべきです。
Webデザインスクールでは、未経験者を中心に最短でWebデザインが学べます。
しかも、学校のように通学を必要としないため、通勤時やちょっとしたスキマ時間に学習できるというメリットがあります。

無料相談会で話を聞いてみよう!

オンラインセミナーの申込ボタン

まとめ

本来であれば、30代の未経験者は異業種や異職種にチャレンジするのは、かなりのリスクがありますし大きなチャレンジだと言えます。
ですが、今までの環境を捨てても挑戦したいという気持ちはとても大切ですし、絶対に忘れてはいけません。
30代未経験がWebデザイナーになるのは大変ですが、やりたいことや叶えたいことがあるのでしたら挑戦してみてはいかがでしょうか。

気になることをなんでも聞ける!

無料相談会開催中!

Webデザインのことや、お金のこと、勉強方法
何でも丁寧にご説明しますので
お気軽にご参加ください。

申込までの流れの図 無料相談会に参加する