未経験者がWebデザイナーになるには?活躍するために必要な5つのこと | Webデザインスクールの J CLASS ACADEMY
徹底解説

未経験からWebデザイナーを目指すポイント

未経験者がWebデザイナーになるには?活躍するために必要な5つのこと

  • TOP
  • コラム
  • 未経験者がWebデザイナーになるには?活躍するために必要な5つのこと

これからWebデザイナーになりたい、とお考えの人は多いのではないでしょうか。

しかし、Webデザイナーになるには、何が必要で、どのような方法で理解していくべきなのかは分からないはずです。

できれば、最短でWebデザイナーになれたら理想的だと言えます。

今回は、Webデザイナーになるためには、どうするべきなのかについてお話ししますので参考にしてみてください。

未経験からWebデザイナーになるには?

未経験者でも、いくつかの方法でWebデザイナーになれます。
そのなかでもおすすめなのは、Webデザインスクールを活用することです。

独学でWebデザインを学ぶ

必要最低限の費用でWebデザインを学ぶ方法が独学です。
独学は、Webデザインに必要な書籍やソフトなどを準備し、順番に勉強していけばある程度の知識は得られます。
しかし、効率がもっとも悪いのは独学です。
常に時間があり、なおかつ勉強のやりかたを知っているのでしたら独学は理想的ですが、忙しい社会人や主婦にはおすすめできません。

デザインの仕事ができる会社で働く

仕事をしながらデザインを学びたい場合は、Webデザインの仕事ができる会社に就職、転職する方法があります。
独学ですと、何が正しいのか何が間違いなのかが分かりませんが、会社勤めでしたら毎日実務で勉強できますし給料ももらえるわけですから、まさに一石二鳥だと言えます。
ただし、すべてのWebデザイン会社が人材を募集しているわけではありませんし、未経験者なら、なおさら確率は低いです。

Webデザインスクールを利用する

未経験者がWebデザインを学ぶ際にもっともおすすめの方法は、Webデザインスクールの活用です。
なぜなら、未経験者が最短でWebデザインを学べますし、Webデザイナーとして活躍できる道筋を作ってくれるからです。
独学の場合は、どうしてもダラダラと学習してしまい、モチベーションが下がってしまいますが、Webデザインスクールの場合は、最短でマスターできるため、ゴールまで到着しやすいというメリットがあります。
また、Webデザインスクールによっては、仕事の案件紹介をしてくれるため、やりたいことがすべてできるような仕組みになっています。

Webデザイナーになるために必要なことは?

本格的にWebデザイナーになりたい、とお考えの場合、何もなしでなれるわけではありません。
Webデザイナーになるためには、いくつかのスキルによって成立しています。
つまり、各種スキルさえマスターすれば、一人前のWebデザイナーになれるということです。

Webデザインとソフトの知識

Webデザイナーになるためには、Webデザインを理解する必要があります。
Webデザインの知識といっても幅広いですが、色の基礎知識だけではなくUI/UXなどの見やすさや分かりやすさなどが該当します。
また、Webデザインを作る専用ソフトの知識も必要です。
多くのWebデザイナーは、IllustratorやPhotoshopと呼ばれるデザインソフトを活用しているため、操作方法までを理解しておくといいでしょう。

HTMLやCSSの知識

未経験者であれば、HTMLやCSSとは何で、なぜ必要なのかという疑問が浮かんでくるはずです。
HTMLやCSSは、Webサイトの文字やバナーの装飾など、見栄えをよくするためにある言語です。
Webデザイナーは、Webサイト制作から携わり、デザインの作成から公開作業までを一貫できるとかなり重宝されるため、HTMLやCSSは必須スキルだと言えます。
Webデザインとはジャンルが異なりますが、HTMLやCSSを理解しておくと対応できる仕事の幅が確実に広がります。

コミュニケーション力

Webデザイナーはコミュニケーション力が必要です。
とくにフリーランスで仕事をする場合、コミュニケーションができないと受注すら困難になってしまいます。
Webデザイナーはクライアントとの打ち合わせや、会社員であれば社内のスタッフなど、たくさんのやり取りをしてデザインが形になっていくため、コミュニケーションは必須です。

パソコンとインターネット環境

Webデザイナーになるには、パソコンとインターネット環境が必要です。
会社員であれば、社内はインターネット環境が整っていますし、パソコンも用意してくれます。
ですが、フリーランスの場合は、パソコンもインターネット環境も自分で用意しなければなりません。
とくにパソコンはWebデザインができるくらいの、割と高スペックなものがおすすめです。
例えば、グラフィック処理を行うGPUや処理速度をはやめるCPU、多くのデザイン案を保存できるメモリは意識しておきましょう。
また、外で仕事をする場合は、持ち運びができるWi-Fiがあれば安心です。

各種ソフト

Webデザインを作成するためには専用のソフトが必要です。
多くのWebデザイナーは、AdobeのIllustratorやPhotoshopなどを利用しているため、両方を用意しておけばベストです。
デザインソフトは費用が発生しますが、フリーランスの場合は必須ソフトですから必ず準備しておきましょう。
クライアントとスムーズなやり取りをするためには、電話やメールだけではなく、チャットツールを準備しておくべきです。
クライアントが利用しているのは、チャットワークやZoomなどがメインのため、すぐに対応できるようアカウントを作っておくといいでしょう。
多くのツールは必要最低限の利用なら料金が発生しないため、個人的な負担はありません。

Webデザイナーになって仕事をする方法は?

もし、Webデザインの知識を学んだ場合、次にやるべきことは仕事の確保ではないでしょうか。
Webデザイナーは、働きかたの選択肢がいくつかあるため、今の環境ややりたいことなどを明確に決めて行動するようにしましょう。

会社に就職・転職する

仕事の場所としてすぐに思い浮かぶのは、一般の会社ではないでしょうか。
どのジャンルにも該当しますが、スキルをある程度学んだのであれば、それを直接活かせる会社に就職、または転職をするのが一般的です。
例えば、Webデザイン会社や、Webサイトを運営している会社など、業界はさまざまです。
基本的には、就職や転職活動を経て採用されれば無事に入社となります。
入社後はWebデザインの仕事だけではなく、クライアントとの打ち合わせや社内でのやり取りを経て、将来的には一人前のWebデザイナーになれます。

フリーランスとして仕事をする

もっとも自由度が高い働きかたが、フリーランスです。
フリーランスは、どこかの会社に勤めることなく、自分自身が代表として仕事をする方法です。
フリーランスは、自分の好きな時間に好きな場所で仕事ができるため、最近はとても人気の働きかたと言えます。
ですが、会社員であれば仕事をしていなくても給料はもらえますが、フリーランスは仕事がないと給料はありません。
自由度が高い分、やらないといけないことが多く責任も大きくのしかかります。

まとめ

Webデザイナーになるには、デザインだけを理解すればいい、というわけではありません。
たくさんの活躍をするには、デザインスキルだけではなく、HTMLやCSSなどの言語スキルも大切だと言えます。
Webデザイナーになるための必須スキルは、Webデザインスクールですべて学べるため、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

気になることをなんでも聞ける!

無料相談会開催中!

Webデザインのことや、お金のこと、勉強方法
何でも丁寧にご説明しますので
お気軽にご参加ください。

申込までの流れの図 無料相談会に参加する