Webデザイナーに必要なスキルは?最低限知っておくべき知識や正しい学習方法 | Webデザインスクールの J CLASS ACADEMY
徹底解説

未経験からWebデザイナーを目指すポイント

Webデザイナーに必要なスキルは?最低限知っておくべき知識や正しい学習方法

  • TOP
  • コラム
  • Webデザイナーに必要なスキルは?最低限知っておくべき知識や正しい学習方法

これからWebデザイナーになりたい、とお考えの人は多いのではないでしょうか。
華がありオシャレなWebデザイナーは、多くの人たちが憧れる職業でもあります。
そこで今回は、Webデザイナーに必要なスキルについてお話ししますので、参考にしてみてください。

Webデザイナーの必須スキルは?

Webデザイナーは、デザインの知識だけを知っておけばいいのか、と勘違いされやすいですが、決してそうではありません。Webデザイナーは、デザインをはじめさまざまな知識を学ぶ必要があります。

デザイン知識

Webデザイナーであれば、デザインスキルは必須項目です。例えば色の使い方だけではなく、いかに見やすくて分かりやすいデザインを作成できるのかが重要になってきます。
また、クライアントからの要望があればその意図をくみ取り、デザイン案を考えられるかによって、優秀なWebデザイナーか、そうではないのかが分かれます。

デザインソフトの知識

Webデザイナーは、デザインを作成する際に専門のソフトを使用します。プロのWebデザイナーが主に使うのは
・Adobe Illustrator
・Adobe Photoshop
・Adobe InDesign
・Adobe XD
・Figma

などが該当します。
Illustratorは基本的にロゴやアイコンのデザインを、Photoshopは写真の編集やバナー作成やなどでよく使われています。最近ではWebサイトやアプリのデザインで使う、XDも主流になりつつあります。
Figmaはブラウザ上で対応できるデザインソフト、というように、すべてのソフトを使いこなす必要はありませんが、知っておくといいでしょう。

コーディングの知識

Webデザイナーは、デザインだけの仕事は限られていることや、Webサイトまわりを理解しておかないといけない場合があるため、コーディングの知識が求められます。
コーディングはHTMLやCSSなどの言語を使い、Webサイトを正しく閲覧できるようにしたり、装飾で見栄えを良くしたりする方法です。基本的にはコーダーと呼ばれる専門職がコーディングをしますが、Webデザイナーが両方を知っておけばかなりの強みになります。また、HTMLやCSSが理解できると、パソコン向け、スマートフォン向けなど、それぞれで最適なデザインが考えられます。

コミュニケーション能力

意外かもしれませんが、Webデザイナーはコミュニケーション能力も必須です。
なぜならWebデザイナーは、クライアントや社内営業担当、コーダー、エンジニアなど、複数の担当者とやりとりがあるからです。決まった仕事に対して、全員が作業に取りかかりますが、その際に方向性は間違っていないか、スケジュールに問題はないのかなど、細かい確認があります。場合によってはWebデザイナーが提案する場合もあるため、コミュニケーション能力は必須です。

CMSの知識

CMSとはコンテンツマネジメントシステムの略で、Webサイトやブログを構築しているツールのことを指します。どの企業でもCMSを使いWebサイトを公開していますが、そのなかでもWordPressの利用率はトップクラスです。
ですから、まずはWordPressの基礎知識をはじめ、ログイン、コンテンツの投稿、デザインのアップロード方法などを知っておくといいでしょう。

無料相談会で話を聞いてみよう!

オンラインセミナーの申込ボタン

Webデザイナーであれば活躍できるスキルは?

Webデザインやコミュニケーション能力などは、Webデザイナーの必須スキルですが、さらにあると活躍できるスキルがいくつかあります。それは、マネジメントスキルやビジネススキルなどです。マネジメント能力があれば、コーダーやプログラマー、営業担当などに指示や管理をしてまとめ役として活躍できるWebディレクターを目指せます。当然、マネジメントスキルがあればそれだけ昇給にも期待できますし、頼られることも増えてきますのでやりがいを感じられます。
もうひとつはビジネススキルです。例えば社会人として当たり前のことを守るのは当然ですが、それ以外にも、資料作成が上手だったり、打ち合わせの際の立ち振る舞いが上手だったりするだけで評価は高まります。

Webデザイナーになるには資格が必要?

職種によっては、資格や免許がないと仕事ができませんが、Webデザイナーはどうでしょうか。基本的にWebデザイナーになるための資格は必要ありません。むしろ、少しでもデザインに理解がある人でしたら、Webデザイナーと名乗れてしまうくらいです。
ですから、Webデザイナーの知識を持っていることを証明したい場合は、デザインに関連する資格を取得しておくのもありです。

例えば、

・ウェブデザイン技能検定
・Photoshopクリエイター能力検定
・Illustratorクリエイター能力検定

などがあります。
どれも民間資格ではありますが、デザインの知識を持っていることを証明できます。

Webデザインスキルを学ぶための方法は?

これから、Webデザインを学びたいとお考えの場合、どのような方法があるのでしょうか。

独学で学ぶ

Webデザインスキルは、シンプルに独学で勉強するという方法があります。独学であれば費用は最小限に抑えられえますし、自分の好きな時間に勉強ができるという特徴があります。
しかし、独学ゆえに間違った理解をする場合がありますし、モチベーションが下がって、勉強しなくなることもあります。独学に慣れており、なおかつ意思の強い人であればいいですが、そうでない場合は時間もお金も無駄にする可能性があるためおすすめしません。

通学制のスクールに通う

Webデザインを本格的に学ぶ場合は、専門学校や大学に入学する方法があります。学校に入学すれば、2~4年間はデザインについて学ぶため、卒業時には社会で役立てるスキルが身についているはずです。高校を卒業した人であれば、専門学校や大学に入学するのは現実的ですが、社会人は難しく現実的ではありません。社会人や主婦の場合は、通学制以外のスクールを検討しましょう。

デザイン会社で働く

Webデザインを実戦形式で覚えたいのでしたら、Webデザイン会社に就職や転職する、という方法があります。Webデザイン会社であれば、確実にデザインを学べますし、教えてくれる人もいるため環境としてはこれ以上ないくらいに恵まれています。
ただし、未経験者を積極的に採用しているか、と言えばそうではありません。未経験者で採用されたとしても、仕事の大変さに挫折してしまうこともあるでしょう。

Webデザインスクールを活用する

社会人や主婦など、なかなか時間に都合のつかない場合は、Webデザインスクールの活用がおすすめです。Webデザインスクールは、通学せずにオンラインだけで完結できる、というメリットがあります。
しかも、1年2年という長いスパンではなく、短期間でデザインが学べるような仕組みになっていますので集中して取り組めます。Webデザインスクールはたくさんありますが、デザインだけに特化していたり、HTMLやCSSなどと一緒に学習できたりするため、自分に合ったスクールを選ぶようにしましょう。

まとめ

Webデザイナーになるためには、さまざまなスキルが必要になってきます。Webデザインだけではなくソフトの知識や、コーディング、コミュニケーションスキルなど多岐にわたります。Webデザイナーのスキルは、すぐにでも取得できるものではなく、毎日の繰り返しによって得られるものばかりです。
もし、これからWebデザイナーになりたいとお考えであれば、Webデザインスクールの利用をおすすめします。

無料相談会で話を聞いてみよう!

オンラインセミナーの申込ボタン

気になることをなんでも聞ける!

無料相談会開催中!

Webデザインのことや、お金のこと、勉強方法
何でも丁寧にご説明しますので
お気軽にご参加ください。

申込までの流れの図 無料相談会に参加する