デザイン未経験でもフリーランスになれる?Webデザイナーで安定収入を得るためには | Webデザインスクールの J CLASS ACADEMY
徹底解説

未経験からWebデザイナーを目指すポイント

デザイン未経験でもフリーランスになれる?Webデザイナーで安定収入を得るためには

  • TOP
  • コラム
  • デザイン未経験でもフリーランスになれる?Webデザイナーで安定収入を得るためには

フリーランスという立場で、Webデザインを学びたい人は多いのではないでしょうか。

なぜなら、自由に働きつつもオシャレな仕事をしたいからです。

働ける時間に限りがある主婦でしたら、余計にWebデザインは興味関心があるはずです。

そこで今回は、Webデザインとフリーランスについてお話ししますので、参考にしてみてください。

Webデザイン未経験でもフリーランスとして活躍できる?

結論から言いますと、Webデザイン未経験者はフリーランスとして活躍するのは難しいです。
なぜなら、クライアントからすれば、デザインの知識もなくソフトも使えないとなると、お願いするメリットがまったくないからです。
これはWebデザインに関係なく、どの業界にでも言えることです。
ですが、Webデザインが未経験だったとしても、少しの興味があるだけで、将来的にフリーランスで活躍できる可能性はあります。
その方法は、Webデザインをしっかり学び、実践で使えるスキルを身につけることです。
多くの人は、独学や通信講座を利用して学習し、フリーランスとして活躍しています。

Webデザイン未経験者がフリーランスで安定収入を得るためには

Webデザイン未経験でフリーランスとして安定収入を得るためには、さまざまなことをクリアしなければなりません。

デザインスキルを身につける

Webデザインで安定収入を得るためには、確実にデザインスキルは身につけないといけません。
デザインスキルというのは、色の使い方や見え方だけではなく、デザインソフトまで使いこなせることが最低条件です。
こういうデザインを作ってほしい、という要望があれば、確実にその通りに作れるようになれば安定して仕事がもらえる可能性があります。

営業の方法を知っておく

いくらWebデザインの知識を持っていても、フリーランスは待っているだけでは仕事はやってきません。
なぜなら、自分の存在を誰も知らないからです。
自分を知ってもらうために、仕事を獲得するためには営業が必要です。
営業のやり方はたくさんありますが、対応できる業界にひたすら電話やメールをしたり、直接訪問をしたりします。
それが難しい場合は、SNSなどで発信して興味関心を持ってもらうことからはじめます。

受注しても同時進行で仕事を獲得する

ひとつの仕事を獲得したら安心しますが、それではダメです。
なぜなら、その仕事はかならずしも継続案件ではないからです。
納品すれば、また仕事がなくなるという期間が生まれてしまうため、同時進行で営業していくべきです。
この期間はかなり大変ですが、仕事がないのはもっと嫌なはずです。

リピーターをつける

フリーランスが安定収入を得るためには、リピーターを獲得することも大切です。
クライアントが感動するくらいのデザインを納品できれば、継続案件が受注できる可能性があります。
これは、新規営業よりも楽ですし、お互いに信頼できるため気持ち的にも安心です。
また、評判から紹介してくれる場合もあるため、リピーターの獲得も意識しましょう。

事前にコーディングの勉強をしておく

Webサイトが閲覧できたり、見栄えを良くしたりする工程をコーディングと言います。
コーディングを理解するためには、HTMLやCSSという言語を勉強しなければなりません。
しかし、実務をしながら新しいことを覚えるのはとても大変なため、フリーランスになる前に学習しておくと良いでしょう。
HTMLやCSSを理解していれば、デザインだけではなく、コーディングの仕事も受注できる可能性があるため安定収入につながります。

フリーランスのWebデザイナーの平均年収は?

Webデザイナーの平均年収は380万円前後と言われています。
つまり、会社に属して働いていればWebデザイナーとして年収380万円近くはもらえる可能性がある、ということです。
それでもフリーランスを選ぶということは、何か目標があるのか、働ける時間が限られているのかなど理由はさまざまです。
フリーランスは仕事が少なかったり、働かないと年収は100万円以下となり、逆に一生懸命頑張って高単価の案件を大量に受注できれば高年収も夢ではありません。
会社勤めですと、Webデザイナーで年収1,000万円は限られた人しか存在していませんが、フリーランスであれば大いに可能性はあります。
もちろん、そこまで稼げなくても今は生活ができるくらいの年収があれば満足、というケースもあります。

フリーランスのWebデザイナーが陥りやすい失敗は?

だれでもWebデザイナーやフリーランスと名乗れて活動できる反面、陥りやすい失敗がたくさんあります。
この失敗を乗り切れるのかどうかで、フリーランスのWebデザイナーとして成功できるのかが決まってきます。

思った以上に売上が伸びない

全フリーランスがもっとも失敗しやすいのは、売上が伸びないことです。
フリーランスで開業するのはとても簡単ですが、売上を確保できずに廃業していくケースがとても多い傾向にあります。
Webデザイナーも当然ながら、仕事が獲得できないと売上は伸びないため、生活ができなくなり廃業という選択肢を取らないといけません。
つまり、売上さえ安定的に獲得できれば、フリーランスのWebデザイナーとしてやっていける可能性が高いです。

仕事の管理ができない

フリーランスのWebデザイナーが失敗する理由に、仕事の管理ができないことが該当します。
仕事がある、という点で見れば非常に恵まれていますが、仕事そのもののスケジュール管理ができずにトラブルにつながることも少なくありません。
とくに、仕事量が多くなればなるほど、いつまでに完成させないといけないという日程が見えなくなってしまい、納期を延期せざるをえなくなってしまいます。
当然、仕事の管理ができないフリーランスに、次の仕事はまわってくるはずはありません。

クライアントから求められた要望に応えられない

デザインとひとくちに言っても、さまざまな要望がクライアントから求められます。
当然、要望に応えられない場合は、受注していたとしても途中でキャンセルとなっていまい予想していた売上が消えてしまう場合もあります。
デザイン作成だけではなく、それに関連するWebサイトへの公開作業や編集作業の要望があった場合は、対応するべきだと言えます。
また、受注後にトラブルにならないためには、事前に要望をしっかり聞いておくことが重要です。

無料相談会で話を聞いてみよう!

オンラインセミナーの申込ボタン

Webデザインを学んでフリーランスで活躍するためには?

もし、これからWebデザインを学んでフリーランスになりたい、とお考えであればWebデザインスクールの活用をおすすめします。
なぜなら、Webデザインスクールは最短でデザインをマスターできるノウハウがあるからです。
独学でもデザインは学べますが、どうしても手探りになってしまうため、時間がかかってしまいます。
その点、Webデザインスクールであれば最短でWebデザイナーとして活躍できる土台を築き上げられます。
また、Webデザインスクールによっては企業案件にチャレンジできるような仕組みがあるため、仕事の受注もしやすいというメリットがあります。

まとめ

何の経験もなく、フリーランスのWebデザイナーとして活躍するのはとても難しいです。
しかし、事前にデザインの勉強をしておけば、好きなタイミングでフリーランスのWebデザイナーになれます。
今後、フリーランスのWebデザイナーとして活躍されたい場合は、Webデザインスクールを活用してみてはいかがでしたでしょうか。

気になることをなんでも聞ける!

無料相談会開催中!

Webデザインのことや、お金のこと、勉強方法
何でも丁寧にご説明しますので
お気軽にご参加ください。

申込までの流れの図 無料相談会に参加する