Webデザイナーは将来なくなる?その理由や将来について解説! | Webデザインスクールの J CLASS ACADEMY
徹底解説

未経験からWebデザイナーを目指すポイント

Webデザイナーは将来なくなる?その理由や将来について解説!

  • TOP
  • コラム
  • Webデザイナーは将来なくなる?その理由や将来について解説!

これからWebデザイナーになりたい、興味はあるけれどもしかしたら将来的にWebデザイナーという職業がなくなるのでは、と不安に感じてはいませんでしょうか。
インターネット業界だけで見ても年々、技術が進化していることもあり、Webデザイナーもそのうち不要になるのでは、と考えてしまうものです。
そこで今回は、Webデザイナーは将来なくなるのかについてお話ししますので、参考にしてみてください。

Webデザイナーがなくなるのは事実なの?

そもそも、Webデザイナーの仕事はなくなる可能性はあるのでしょうか。基本的にはWebデザイナーの仕事は100%なくならない、と考えるべきです。
なぜなら、デザインも人の手によって作らないといけない場合があるからです。
また、依頼する側としてもAIで作られたデザインは、手抜きっぽさを感じたり、誰かのデザインと重複してしまったりの可能性を考えるため、積極的にAIにお願いしたいとは思わないはずです。今は文章だけで画像を生成してくれる便利なアプリやツールはありますが、決して希望通りのものを作ってくれるわけではありません。繊細な部分は絶対にAIでは難しいため、Webデザイナーの仕事は当分なくらないと考えるべきです。

Webデザイナーの仕事がなくなると言われている理由は?

Webデザイナーの仕事がなくなる、と言われている理由はいくつかあります。

テンプレートで作成できるWebサイトが増えた

昔は完全にオリジナルでのWebサイト製作が多い傾向にありましたが、技術の進歩や需要の変化によりテンプレートで作れるようになってきました。テンプレートの場合は、いくつかのデザインから選んで、あとは決められた構成でWebサイトが作られていくため、作業工程も費用も大幅に削減できるようになっています。
ですから、相当なこだわりがない限り、多くの人たちはテンプレート形式でWebサイトを作っています。
また、CMS(コンテンツマネジメントシステム)の主流でもあるWordPressも、無料や有料のテーマがたくさんあるため、デザインができなくても簡単なWebサイトが作れます。

SNSの集客が主流になってきた

今でもWebサイトは問い合わせの窓口として活用されていますが、やはりInstaglamやTikTokなどのSNSからの集客が主流になってきました。SNSはお金を極力かけずに集客できることから、多くの人が利用しているツールでもあります。当然、InstagramやTikTokは発信力が大きなカギを握っているため、ここだけで見るとWebデザイナーの活躍は難しいです。

AIが活躍している

現在はAIが活躍する時代に突入しました。今、Web業界に限らず、AIが活躍しすぎて人間の仕事が減ってきている可能性があります。
なぜなら、文章ひとつで一瞬にして希望している画像をAIが作り出せるからです。今はまだAIの精度は低いですが、将来的にもっと技術が向上すればWebデザイナーの仕事まで奪っていくことも考えられます。

Webデザイナーが増えている

Web業界のなかでも、オシャレで華がありそうなWebデザイナーはとても人気があります。そのため、毎年多くの人がWebデザインについて学び、Webデザイナーとして活躍しています。当然ですが、Webデザイナーの人口が増えすぎてしまうと、仕事がもらえない人がでてきます。Webデザイナーは人気の職種ということもあり、いつでもそうなる可能性があります。

無料相談会で話を聞いてみよう!

オンラインセミナーの申込ボタン

Webデザイナーの仕事がなくならないためには何をするべき?

どんな業界でもそうですが、ただのんびりと目の前にある仕事だけをしていては、いつかは需要がなくなってしまいます。それはWebデザイナーに限らず言えることです。しかし、Webデザイナーに興味があり、将来が不安ということでしたら、今のうちに対策しておくべきではないでしょうか。

Webデザインについてもっと勉強する

デザインはある程度理解すればそれで終わりではありません。デザインには正解がないため、学び続けなければならないということです。
また、毎年トレンドのデザインやカラーなどがでてくることもあり、最初に学んだから大丈夫という考えですと、確実に取り残されてしまいます。ですから、Webデザイナーとして活躍し続けたいのであれば、デザインの勉強は絶対にやっておきましょう。

HTMLやCSSなど他ジャンルも対応できるようにする

シンプルにデザインだけしかできないと、与えられる仕事は限られてしまいます。しかも世の中には数えきれないくらいのWebデザイナーが存在しているため、相当なスキルや実績がないと活躍し続けるのは難しいです。
そこで、Webサイトに関連するものを学習されることをおすすめします。
例えば、HTMLやCSS、JavaScriptなどが該当します。HTMLやCSS、JavaScriptを理解していると、Webサイトの内部を触れるため、デザインした作品をひとりで公開作業までできるようになります。

マーケティングスキルを身につける

今はWebサイトを公開しても、勝手に集客ができる時代ではなくなりました。そこで必要になってくるのがマーケティングスキルです。マーケティングスキルとは、サービスを売るために調査と分析を行う方法のことを指します。どの企業も、自社サービスや商品を売りたいからWebサイトがあるわけですが、デザインだけではなく集客に必要なことを伝えられるようになると、かなりありがたい存在として認識してくれます。

自分にしかできない強みを作る

100人中全員がWebデザインしかできない、となると差別化が非常に難しくなってしまいます。でしたら、選ばれるように自分の強みを作ってみてはいかがでしょうか。例えば、営業が得意なWebデザイナーや、Web広告の運用ができるWebデザイナーなど、他では真似できない強みを作ると、将来も生き残れる可能性は高いです。

営業力を身につける

もし、将来的にフリーランスのWebデザイナーとして活躍したい場合は、営業力を身につけないといけません。
なぜなら、Webデザイナーになったとしても勝手に仕事が舞い込んでくるわけではないからです。多くのWebデザイナーは営業の仕方を知らずに、待ちぼうけになってしまうため、予想していた華がある世界とは真逆になってしまうことも少なくありません。営業力というと難しいかもしれませんが、待ちスタイルではなく攻めスタイルの意識を持っておけばおのずと答えは見えてくるでしょう。

AIについて理解しておく

AIは将来的に脅威でしかありませんが、決して良いところばかりではありません。もしクライアントとデザインのお話しになった際に、AIの話題がでてくることも考えないといけません。ご自身がAIは脅威だ、というイメージしかないと、結局AIに負けてしまいます。逆にAIの弱点を知ったうえで提案してあげると、デザインの仕事がもらえる可能性があります。
また、ご自身でAIを使いこなせるようになれば、良いところはAIに任せて人の手が必要な部分は自分で作る、という作業効率化もできるようになるでしょう。

まとめ

これからWebデザイナーになりたい、とお考えの人はとても多いはずです。将来的にWebデザイナーがなくなってしまうと、せっかく学んだことが台無しになってしまいますし、仕事もなくなりかねません。当分はWebデザイナーがなくなることはありませんが、将来はどうなるのかは誰にも分かりません。少しでも危機を感じているのであれば、Webデザイナーとして活躍し続けられるように、新しいスキルを身につけてはいかがでしょうか。

無料相談会で話を聞いてみよう!

オンラインセミナーの申込ボタン

気になることをなんでも聞ける!

無料相談会開催中!

Webデザインのことや、お金のこと、勉強方法
何でも丁寧にご説明しますので
お気軽にご参加ください。

申込までの流れの図 無料相談会に参加する