Webデザイン初心者がやるべきことは?プロを目指すための3つの心得 | Webデザインスクールの J CLASS ACADEMY
徹底解説

未経験からWebデザイナーを目指すポイント

Webデザイン初心者がやるべきことは?プロを目指すための3つの心得

  • TOP
  • コラム
  • Webデザイン初心者がやるべきことは?プロを目指すための3つの心得

これからWebデザインを学びたい初心者は、何からはじめるべきなのか、という疑問を持たれている方が多いと思います。
デザインということもあり、初心者にとってはハードルが高そうに見えてしまいます。
そこで今回は、Webデザインの初心者に向けてやるべきことをお話ししますので、参考にしてみてください。

初心者がWebデザインを勉強する流れについて

まずは、初心者がWebデザインを勉強する流れについて知っておきましょう。

Webデザインの基礎知識

Webデザインを学ぶのであれば、デザインのことを学習しなければなりません。デザインと言っても幅広いですが、例えば配色のことやフォント、UI/UXなどが該当します。デザインはどうやって学べばいいのかを迷われると思いますが、書籍やWebだけではなく街中のいたるところにある物を注視してみてください。例えば看板やお店のPOP、標識などいたるところにデザインが施されているため身近に勉強できます。

PhotoshopやIllustratorなどのツール

Webデザインで切っても切り離せないものと言えば、デザインソフトです。そのなかでも、PhotoshopとIllustratorはほとんどのWebデザイナーが使用しているソフトです。別名イラレやフォトショとも言われています。Photoshopは写真の加工等に、Illustratorはイラスト関連でよく利用されています。どちらも使いこなせるとWebデザイナーとしてはかなり心強いです。

WordPress

WordPressはCMS(コンテンツマネジメントシステム)のひとつで、Webサイトやブログを簡単に更新できるシステムのことを指します。一般的に、ホームページを作成する知識がなければ、Webサイトやブログを開設するのは難しいとお考えかもしれませんが、WordPressなら初心者でも簡単に開設・更新ができます。ほとんどの企業のホームページの多くが、WordPressで作られているため、操作方法などを知っておくといいでしょう。とくにWordPressの立ち上げから公開までを知っておくと、個人でもポートフォリオのためのブログが開設できます。

コーディング

コーディングとは、プログラミング言語の一種でWebサイトをインターネット上で閲覧できるようにするための方法のことを指します。Webデザインと何の関係があるの?と考えてしまうかもしれませんが、公開作業まで携わる可能性があれば学習は必須です。コーディングを身に着けるためには、HTMLやCSS、JavaScriptなどの学習が必須です。最初は簡単なHTMLから入り、CSS、JavaScriptと順番を追えば理解度は早いでしょう。

Webデザインの初心者が勉強する方法

初心者がWebデザインを学ぶ場合、大きく分けてふたつの方法があります。それは独学と、Webデザインスクールです。

独学

独学はその名の通り、自分ですべて調べて勉強し、Webデザインの知識を習得する方法です。独学はお金がほとんどかからない半面、すべて自分で勉強方法を考えて用意しなければなりません。講師のような教えてくれる師匠もいないため、マスターまでかなりの時間を要します。また、誰も指摘してくれない環境で学んでしまうと、間違った状態で学習する可能性があります。当然、就職や転職後、フリーランスでも苦戦することは必須です。

Webデザインスクール

Webデザイン初心者がもっとやるべき方法は、Webデザインスクールを利用することです。なぜなら、最短で正しくWebデザインが学べるからです。ほとんどのWebデザインスクールでは、現役Webデザイナーが講師をしているため、現場で何が必要なのかを教えてくれます。もちろん、それなりの費用はかかりますが、あとで得られるものを考えれば、受講しない手はありません。だからこそ、多くの初心者がWebデザインスクールを利用している、というわけです。本格的にWebデザイナーとして活躍したいのであれば、迷わずWebデザインスクールを選びましょう。

初心者がWebデザインを習得するまでにやるべき3つのこと

デザインはかっこいいですし華があるので、あこがれだけでデザインの勉強をしようと考えていませんか。もちろん間違いではないですが、しっかりと目的とゴールを決めておかないと、あこがれは簡単に消し飛んでしまいます。

何のためにやるのかを考える

Webデザイナーのようなオシャレな職業は、とても人気があります。しかし、人気だからと言って安易な気持ちで勉強すると、時間もお金も無駄になってしまいます。まずは、なぜWebデザインを学びたいのか、学んだあとにどう活かしたいのかを考えるといいでしょう。また、Webデザイナーになるメリットやデメリットもしっかり把握しておけば、後悔しません。

勉強できる時間があるのかを考える

Webデザイナーは、少しの勉強だけでマスターできるほど甘くはありません。とくに時間に制限がある社会人であれば、余計にそう考えるべきです。ご自身が現在どこかの職場に勤務しているのであれば、毎日最低でも1時間は勉強できれば、ゆっくりではありますが将来的にWebデザイナーとして活躍できます。逆に、1日の大半を本業に費やすレベルであれば、勉強そのものが難しい可能性があります。

費用的に問題ないのかを考える

独学の書籍のみで対応する場合は、数千円程度で済みます。しかし、Webデザインスクールを選ぶ場合は、トータルで数十万単位の費用が必要です。多くのWebデザインスクールでは分割払いにも対応しているため、安心ではありますが、費用を見て問題ないのかを確認しておきましょう。

初心者がWebデザインスクールを選ぶ際の注意事項

初心者はWebデザインスクールをおすすめしますが、多くのスクールが存在しているため、選び方に迷ってしまうものです。ですが、事前にチェックする項目を知っておけば満足度は高くなります。

現役のWebデザイナーかどうか

Webデザインスクールは講師が教えてくれますが、その講師が現役なのか未経験者なのかが重要です。なぜなら、Webデザイナーの経験がないと教えられないからです。ほとんどのスクールは現役Webデザイナーが対応してくれますが、念のためにチェックしておくといいでしょう。

いつWebデザインをマスターできるのか

Webデザインスクールを選ぶ基準に、いつゴールできるのかが重要になってきます。例えば、Webデザインがマスターできるのに2年~3年かかるのと、数か月で終わるのとでは大きく異なるからです。とくに就職や転職をしたいとお考えであれば、なおさら早いに越したことはありません。ですから、できるだけWebデザインがマスターできる期間、勉強の時間を調べておくといいでしょう。

活躍できるスキルは身につくのか

せっかく高いお金を支払ったのに、何も得られなかったことになると後悔でしかありません。そうならないためにも、Webデザインスクールを選ぶ際には、どんなスキルが身につくのか、何が学べるのかを調べておくべきです。Webデザインスクールによってはデザインだけではなく、HTMLやCSSなどのWebサイトに必要な知識も得られます。将来的なことを考えれば、Webデザインだけではなく、HTMLやCSS、Webマーケティングなども学んでおくといいでしょう。

まとめ

初心者でもWebデザインは学べますが、できるだけ独学ではなくスクールを選ぶべきです。やはり、初心者が独学を選んでしまうととてつもなく時間がかかりますし、途中でモチベーションが下がることもありますのも必須です。Webデザインスクールであれば、最短で正しく学習できるため、プロのWebデザイナーとして活躍できる日もそう遠くはないでしょう。

気になることをなんでも聞ける!

無料相談会開催中!

Webデザインのことや、お金のこと、勉強方法
何でも丁寧にご説明しますので
お気軽にご参加ください。

申込までの流れの図 無料相談会に参加する