独学でWebデザインは何から始める?初心者がやるべき4つのこと | Webデザインスクールの J CLASS ACADEMY
徹底解説

未経験からWebデザイナーを目指すポイント

独学でWebデザインは何から始める?初心者がやるべき4つのこと

  • TOP
  • コラム
  • 独学でWebデザインは何から始める?初心者がやるべき4つのこと

これから、Webデザインを独学で頑張りたいとお考えの人も多いのではないでしょうか。しかし、独学ゆえに何から始めるべきなのか、そもそも独学でいいのかを迷われている人も多いでしょう。Webデザインを学びたいとお考えであれば、しっかりゴールに向かって進んでいくのが理想的です。そこで今回は、独学でWebデザインを学ぶなら何から始めるべきなのかについてお話ししますので、参考にしてみてください。

そもそもWebデザインは独学でも可能?

どんな学習もそうですが、できるだけお金をかけたくない、と思うのは当然のことだと言えます。結論から言いますと、Webデザインは独学でも学習可能です。ただし、手当たり次第に関連書籍やインターネットの情報を見ても、スキルはアップしません。Webデザインを独学で成功させるためには、どのような知識が必要なのか、どのような流れで学習するべきなのかを知っておかなければなりません。とりあえず書籍やインターネットから情報収集をして学ぼうと考えても、ほとんどの人は正解も不正解も分からないまま進めていくため、モチベーションが下がってしまいます。

独学でWebデザインなら何からするべき?

もし仮に独学でWebデザインを学ぶのであれば、何から手を付けるべきでしょうか。

Webデザインに必要なものを知る

Webデザインを独学で進める場合は、まず必要なことを知るべきです。Webデザイナーになるためには、デザインだけ極めればいい、というわけではありません。

なぜなら、完成したデザインを提供するだけでは、仕事の範囲が狭すぎるからです。Webデザイナーで活躍している人の多くは、デザインだけではなくWebサイトの更新スキルなども習得しているため、公開作業までひとりで対応できます。ですから独学の場合、デザインだけしか考えていないと、将来的に見て満足のいく活躍ができない可能性があります。

HTMLやCSSについて学ぶ

HTMLやCSSはデザインとはあまり関係ありませんが、Webサイトを更新するうえで絶対に知っておくべきスキルです。

例えばWebサイト上に文字を表示させたい場合はHTMLを、装飾設定ならCSSというように、両方を知っておけば画像の公開と併用して更新作業等もできるようになります。また、余裕があればJavaScriptというWebサイトに動きを付けるプログラミング言語までマスターできると、Webデザイナーとしてはかなり心強い存在となります。

デザインについての勉強をする

当たり前ですが、いくらHTMLやCSSを学習したからと言っても、メインのデザイン力がないと仕事すらない状態になってしまいます。デザインを理解するためには、配色などの色の基礎だけではなくレイアウトやUI/UXなどを勉強する必要があります。UIはユーザーインターフェイスの略で、目に触れるものを指し、UXはユーザーエクスペリエンスの略で使いやすさなどの体験を指します。これらすべてを把握して、ようやくデザインが理解できていると言えます。

CMSについて勉強する

CMSとはコンテンツマネジメントシステムの略で、プログラミングの知識がなくてもWebサイトの更新や編集が可能になったツールのことを指します。企業や個人のブロガーがよく利用するのはWordPress(ワードプレス)です。ワードプレスは世界で見ても42%のシェア率を誇っており、日本でも多くのユーザーが使用しています。ですから、ワードプレスのことを勉強しておけば、ある程度Webサイトが触れるようになります。

独学でWebデザインを勉強するメリット

独学でWebデザインを勉強する場合、メリットとデメリットがあります。

お金がかからない

Webデザインを独学でする最大のメリットは、お金がかからないことではないでしょうか。やり方にもよりますが、書籍だけの購入なら数千円ですし、Webの情報だけなら無料で済みます。ただし、低予算で進めてしまうと、「いつでもいいや」という感情が生まれてしまい、勉強を後回しにする可能性があります。

自分のペースで進められる

Webデザインを独学で勉強すれば、自分のペースで進められます。学校のようにスクールや通信講座などは、決められた時間で進めていかないといけないため、マイペースな人には難しい方法だと言えます。ですが、Webデザインを仕事にしたいのであればマイペースではなく、少しでもはやく習得する努力が必要です。

独学でWebデザインを勉強するデメリット

モチベーションが下がりやすい

独学はWebデザインに限らず、モチベーションが下がりやすいというデメリットがあります。なぜならやりかたも分からない、教えてくれる人もいない、目標も決められないからです。とりあえず勉強したい、という安易な気持ちで進めてしまうと、どこかで行き詰ったときに挫折するでしょう。一度挫折をしてしまうと、当分はWebデザインの勉強を考えたくもなければ見たくもなくなります。

答えが分からない

みなさんは学生時代に勉強をしていたと思いますが、先生なしで完結できる自信はありますでしょうか。ほとんどの人は、教えてくれる人がいないと無理だと考えているはずです。特にWebデザインの場合は仕事にするわけですから、答えが分からないまま進めてしまうと誤った内容を覚えてしまう可能性があります。その間違いがクレームとなり、仕事の継続が難しくなってくるため、相当な自信がない限りは独学はおすすめしません。

自分の実力が見えない

テストのように点数があれば、自分の実力は把握できますが、Webデザインはある意味感性の部分も入ってくるため、実力が見えづらいという特徴があります。特に独学で進めた場合、現在の自分の実力がまったく見えないこともあり、何をどうすればいいのかを迷ってしまいます。実力が見えないと、ずっと手探り状態になってしまうため、非常に効率は悪いと考えるべきです。

独学でWebデザインが難しいならスクールで学ぼう!

Webデザインは独学でも可能ですが、学習方法から調べないといけませんし、そもそもやり方や考え方が間違っていれば、すべて無駄になってしまいます。ダラダラと勉強していても、いつかはモチベーションが下がり、挫折してしまうかもしれません。相当な時間があるのでしたら問題ありませんが、限られた時間でWebデザインをマスターしたいのであれば、迷わずにスクールを選ぶべきです。

スクールは費用がかかりますが、その分、学習スピードが桁違いですし、間違えた認識で進めていくこともありません。基本的には現役Webデザイナーが講師として指導してくれるため、前向きに受講できますし、モチベーションが下がりにくい対策もしてくれます。

また、Webデザインスクールでお金がかかったとしてもスキル習得の証明となるため、かけた費用以上にメリットが返ってきます。例えば、就職や転職がしやすくなったり、フリーランスであれば仕事を獲得しやすくなったりするため、かけた費用は早期に回収できる見込みがあります。

まとめ

どんなに難しい資格であっても、努力をすれば独学でも対応はできます。もちろんWebデザインも同じく、独学での勉強は可能です。
しかし、Webデザインの独学は何から始めるべきなのかを迷ってしまいますし、センスの部分も含まれてくるため、できるだけスクールのようなしっかり教えてくれるところで学ぶべきだと言えます。費用はかかりますがその分、早期に習得できますし、就職や転職活動を早められたり、仕事を獲得しやすくなったりするため大きく返ってくることでしょう。

気になることをなんでも聞ける!

無料相談会開催中!

Webデザインのことや、お金のこと、勉強方法
何でも丁寧にご説明しますので
お気軽にご参加ください。

申込までの流れの図 無料相談会に参加する