【初心者向け】Webデザイナーとして副業はできる?|おすすめな理由と学習方法を徹底解説 | Webデザインスクールの J CLASS ACADEMY
徹底解説

未経験からWebデザイナーを目指すポイント

【初心者向け】Webデザイナーとして副業はできる?

おすすめな理由と学習方法を徹底解説

  • TOP
  • コラム
  • 【初心者向け】Webデザイナーとして副業はできる?|おすすめな理由と学習方法を徹底解説

「副業としてWebデザイナーがオススメされる理由を知りたい!」「Webデザイナーになるにはどんなスキルが必要なのか」そんな疑問を解消すべく、本記事ではWebデザイナーとして副業する際の具体的な方法や必要なスキル、オススメの学習方法までしっかりと解説します。

未経験からでもWebデザイナーとして副業できる?

ずばり答えは、未経験からでもWebデザイナーとして副業できます。ただし、副業として稼ぐためにはWebデザイナーとしてのスキルを身に着ける必要があり、案件獲得をしなくてはなりません。

Webデザイナーとして副業する理由は以下です。

【Webデザイナーとして副業する理由】

  • ・Webデザイナーの需要が高まっている
  • ・Webデザインのスキルが身につく
  • ・好きな時間・場所で稼ぐことができる

Webデザイナーの需要が高まっている

コロナ禍や各企業のDX推進化の影響で、ITやWeb業界のニーズは高まっています。市場としても需要があれば、それだけ案件獲得の機会も多くなりますので、未経験からでも十分チャンスがあると言えるでしょう。

Webデザインのスキルが身につく

Webデザインのスキルには様々なものがあります。例えば、IllustratorやPhotoshopといったデザインスキル、HTMLやCSSといったコーディングに必要なスキルです。副業といってもスキルによって単価も変わるため、バナーやサムネイルができればよいのか、サイト制作までできるようになりたいのかによっても身につけるスキルが変わります。

まずは副業から始めて将来的に本業にしたい場合には、サイト制作まで学んだ方が報酬面でも単価の高い仕事を得ることができるでしょう。

好きな時間・場所で稼ぐことができる

副業という働き方を選ぶ場合は、会社員など本業の傍ら副業をしたい、もしくは家事や育児の合間に仕事がしたい、など今の生活をベースにプラスで収入を得たい人がほとんどです。

そういった背景であれば、時間の拘束がある仕事よりも、場所や時間の融通がきく仕事の方が継続しやすいでしょう。

Webデザイナーという職種は、パソコンさえあれば場所や時間に関係なく作業することができます。本業や生活に負担をかけずに自由に働くことができるので、副業に向いていると言えるでしょう。

Webデザイナーとはどういう仕事?

Webデザイナーは「デザインする仕事」と思われがちですが、実は「課題解決」をする仕事でもあります。クライアントの要望にこたえるだけでなく、今よりも「より良くする」ことが求められます。
それを実装するためにも、デザインの基本的な知識を身につけておくことは重要です。レイアウト、タイポグラフィー、配色といった基本概念について理解しておくことで、エンドユーザーからの見やすさや使いやすさをコントロールすることができます。

Webデザイナーの収入の相場

Webデザイナーとして働く場合、案件によって得られる収入も様々です。

例えば、Webサイトの制作の相場は20〜30万円程度ですが、制作期間も1ヶ月から3ヶ月と長期的に作業することがほとんどです。仮に30万の案件を3ヶ月で制作すると、月収換算にすると10万円程度ということです。

また、新規事業の立ち上げや企業ブランドのリニューアルで必要になるロゴ制作の場合は、1万円〜10万円、企業によっては数十万円といった大きな案件もあります。

さらに、特集企画や広告に必要なバナー制作、SNSに使用するサムネイルなどは数千円〜1万円といったところが相場になります。

副業といっても案件によって金額や制作時間が変わるため、はじめは手軽なものからチャレンジし、徐々に仕事の量を増やして作業ボリュームを調整していくと良いでしょう。

無料相談会で話を聞いてみよう!

オンラインセミナーの申込ボタン

Webデザイン以外にも必要なスキルはある?!

Webデザイナーを副業にするためには、デザイン以外にも必要なスキルがあります。副業の働き方としては企業や制作会社に所属しなければ、フリーランスとして仕事をするということになります。そこで、フリーランスとして副業に必要なスキルをご紹介します。

【デザイン以外に必要なスキル】

  • ・コミュニケーションスキル
  • ・SNSや個人ブログの発信スキル

コミュニケーションスキル

Webデザイナーはパソコンさえあれば成り立つと思われがちですが、実際にはクライアントとのやり取りも多く、相手の意向を汲み取る力が必要です。「どんなデザインにしたいのか」顧客の獲得・売上向上といった「目的到達に向けた手法」など、事業課題をデザインに落とし込みたいという依頼がほとんどです。

しかしながら、クライアントはWebデザイナーとしての知識がない人がほとんどです。「なんとなくこんな感じ」といった曖昧なオーダーから「どうしたら良いかわからないけど解決して欲しい」といった難易度の高い依頼もあります。

そういったクライアントには、方向性や問題解決に向けた意見を引き出す必要があります。その場合、幾度か方向性の確認が必要になる場合もあり、クライアントに合わせた柔軟な対応力も必要です。

Webデザイナーとは人と関わらない仕事ではなく、むしろ積極的に人と関わる仕事であることを念頭に入れておきましょう。

SNSや個人ブログの発信スキル

副業として収入を増やすためには営業活動が必須です。そのための手法としてSNSの発信や個人ブログは効果的と言えるでしょう。SNSや個人ブログであれば無料で始められるだけでなく、自分の作品や人柄を存分にアピールすることができます。

もちろん、案件獲得に必要なポートフォリオのサイトも大事ですが、検索してもらうための告知が必要です。その場合にSNSや個人ブログがあれば、そこから紐づけてポートフォリオサイトへ流入させることができるため、案件獲得のチャンスにも繋げることができます。

日々の投稿を通じて、作品や成果物、趣味趣向を伝えることで、自分に興味を持った人からの依頼が増えるでしょう。SNSや個人ブログを開設していない方は、この機会にぜひ始めてみてください。

無料相談会で話を聞いてみよう!

オンラインセミナーの申込ボタン

Webデザイナーの案件の獲得方法

スキルを身に着けたら、次は案件獲得に向けた行動です。案件獲得にはいくつかの方法があります。実際にどのような獲得方法があるのかみていきましょう。

クラウドソーシング

クラウドソーシングや職種に特化した案件紹介サイトは、単価の安いものから高いものまで幅広い案件が掲載されています。そのため、副業としてスタートする場合は、自分の業務量やスキルに合わせた案件を選ぶことができます。

また、クライドソーシング上でやり取りが行われるため、運営側が設けた契約形式にのっとって業務が遂行されるので、トラブルに関する心配もなく安全面でもオススメです。営業活動が苦手な人も、登録することで仕事の紹介が受けられます。

さらに、Webデザイン専門の案件紹介サイトも人気が高まっており、リモート業務や副業に特化したサイトも増えています。これらのサイトも、小規模から大手企業の案件まで掲載されているため、興味のある紹介サイトはぜひ登録してみましょう。

知人の紹介

知人を通じて案件を探すという方法もあります。知り合いからの仕事紹介は、相手がどのような人かが事前にわかるので、見知らぬ人からの依頼よりも安心して仕事を受けられます。

案件を得るためには、「Webデザイナーとして活動している」ことを積極的に周囲に伝えておく必要があります。自分がWebデザイナーであり、信頼を得られるような仕事の仕方をしていれば案件紹介の機会も増えるでしょう。

ただし、知り合いからの仕事依頼には注意が必要です。スケジュールがタイトであったり、安い報酬を設定されることもあります。特にお金に関しては交渉しづらいケースもありますが、継続的な依頼につながる可能性やフリーランスという観点からも、人脈を大切にすることも視野にいれておきましょう。

SNSで営業

近年では、TwitterやInstagram、noteといったソーシャルメディアを通じて、仕事を探したり紹介したりすることが増えています。

Webデザインに関する情報をソーシャルメディアに投稿することで、ポートフォリオを見てもらえる機会が増え、案件獲得の可能性も広がります。また、フォロワー数が増えたり、認知度が上がることで信頼も得られるようになり、仕事のチャンスも増えるでしょう。

自分の能力を周囲に知ってもらうためにも、自己紹介欄や目につきやすい場所には、必ず自分のポートフォリオやリンク先を掲示することをオススメします。

無料相談会で話を聞いてみよう!

オンラインセミナーの申込ボタン

Webデザインの学習方法は?

ここからは、実際にWebデザイナーとしてのスキルの身に着け方をご紹介します。学習時間や金銭面など、自分のライフスタイルにあった学習方法を取り入れましょう。

独学で学ぶ

Webデザインのスキルを独学で学ぶ場合は、書籍やインターネットを通じて基本的な知識を得ることができます。また、YouTubeなどでも、無料でWebデザインツールの使い方を教えてくれる動画もあります。さらに、すでにWebデザイナーとして活躍している人のSNSやブログからも、知識や仕事例などを知ることもできるでしょう。

独学の最大のメリットは、学費を最小限に抑えられる点です。自分が本当に知りたいことだけを学べるため、効率的に取り組めば短期間でスキルを習得することも可能です。

しかし、独学にはデメリットもあります。それは、知識にムラができてしまったり、学習につまづくことで挫折してしまう可能性もあるからです。そのためにも、自己学習を進めていくためには、適切な学習計画を立てながら明確な目標設定をしましょう。

Webデザイナースクールに通う

未経験からWebデザインのスキルを身に着けるためには、スクールに通うという選択肢もあります。特に昨今ではオンラインスクールも充実していて、直接通わなくても質問や相談をしながら学習を進められる方法もあります。

スクールでは、現役のWebデザイナーから直接指導を受けることができ、効率的にスキルを身に着けることができます。また、サポート体制によっては質問や相談ができる他、キャリアコンサルタントによる支援が受けられるところもあります。そのため、継続的に学習を進めながら卒業後のイメージを築くことができるでしょう。

独学に比べて初期投資は必要ですが、独学に向いていないと考える人にはオススメです。また、スクールによっては一日の課題が多く、本業との両立が難しい場合もあります。自分にあったペースで学習できるスクールを見つけることで、Webデザイナーとして副業への一歩を踏み出しましょう。

セミナー参加もオススメ!

独学やスクールに通う一方で、市場のニーズをリサーチすることも大切です。最新のWeb業界の話や、フリーランスの心得、お金の管理の仕方といった、様々なセミナーが開催されています。無料のものも多く、オンラインで参加できるものもあります。Webデザイナーの将来性だけでなく、本業や今の生活に役立つ情報もあるでしょう。

Webデザインを学ぶならJ CLASS ACADEMY

本記事では、Webデザイナーとして副業を始めるための方法をご紹介しました。Webデザイナーという仕事は、自分のスキルを活かしつつ、時間や場所に縛られずに働ける柔軟性があります。そのため、本業や家事・育児の合間に仕事ができるため副業に向いていることがわかりました。

また、リモートなどが普及した今、未経験の人にとって通いやすいオンラインスクールが増えているのも現状です。中でもJ CLASSは、副業に特化したプログラムがあり、単価の高い案件を得るための制作スキルを身につけることができます。この機会に、ぜひ一度相談会へ足を運んでみてください!

無料相談会で話を聞いてみよう!

オンラインセミナーの申込ボタン

気になることをなんでも聞ける!

無料相談会開催中!

Webデザインのことや、お金のこと、勉強方法
何でも丁寧にご説明しますので
お気軽にご参加ください。

申込までの流れの図 無料相談会に参加する