【徹底解説】Webデザイナーに将来性はある?周りと差をつけるために必要な習得したいスキルも紹介! | Webデザインスクールの J CLASS ACADEMY
徹底解説

未経験からWebデザイナーを目指すポイント

【徹底解説】Webデザイナーに将来性はある?

周りと差をつけるために必要な習得したいスキルも紹介!

  • TOP
  • コラム
  • 【徹底解説】Webデザイナーに将来性はある?周りと差をつけるために必要な習得したいスキルも紹介!

「Webデザイナーの将来性について知りたい」「将来に向けて必要なスキルが知りたい」
と考えている人も少なくないでしょう。本記事では、これからWebデザイナーを目指す人、すでにWebデザイナーとして働いている人に向けて「Webデザイナー」の将来性を考えていきたいと思います。また、将来的にWebデザイナーに求められるスキルについても詳しく解説していきます!

Webデザイナーの将来性はある?それともない?

コロナ禍の影響や企業のDX推進化において、Webデザイナーの需要は衰えるどころかむしろ高まっています。しかし、一般的に利用できる簡易的なツールや、AIの発達によりWebデザイナーの必要性に対して疑問の声が上がるようになりました。将来性という観点からみた時にWebデザイナーは本当に需要はあるのか、しっかり考えてみましょう。

【Webデザイナーの将来性が疑われる理由4つ】

  • ・Webデザインにおける制作ツールの進化
  • ・Webデザイナーが人気の職業に
  • ・デザインができるAIが登場
  • ・SNSで集客する人が増えた

Webデザインにおけるツールの進化

Webデザイナーとは、デザインを行うために専用のソフトウェアを利用し、制作スキルを持つ人を指します。しかし、現在では無料版のAIやノーコードのサービスが数多く登場し、Webデザイナーのスキルがなくても簡単にWebサイトが制作できるようになりました。

そのため個人や小規模ビジネスの場合、予算を抑えながら制作できるとあって、こういったデザインツールの人気が高まっています。

Webデザイナーが人気の職業に

Webの需要が高まるとともに、コロナ禍により飲食業や観光業などからIT業界への転身する人も増えました。また、パソコンさえあれば在宅で仕事ができる上、男女問わずライフステージの変化に柔軟に対応できると、Webデザイナーを志望する人が増えています。

さらには、Webデザインのスキルを学ぶためのスクールは、通学形式以外にオンライン形式が続々と登場しました。そのため、通学できない地域に住む人でも学ぶことができ、住む場所に関係なくスキルを身に着けられるようになりました。

デザインができるAIが登場

昨今ではデザインができるAIも登場しています。様々な企業が、素材やパターンを選ぶだけで簡単なWebサイトができるようになりました。これにより、従来のWebサイト制作にかかる時間や費用が大幅に削減され、誰でも手軽に制作できるようになりました。

しかしながら、AIの良さはあるものの、複雑化したもの、戦略的な要素やコミュニケーション力が必要な場面ではまだまだ人の力が必要です。正しい知識やディレクション能力があるWebデザイナーは、今後もAIの間違えを正す役割として必要不可欠になるでしょう。

SNSで集客する人が増えた

個人商店やフリーランスなど、TwitterやFacebook、Instagramといったソーシャルメディアを使って情報発信やコミュニケーションを行う事業者が増えました。企業の予約サイトを利用してSNSに誘導すれば、従来Webサイトで行っていた予約システムや商品販売もSNS上で完結することもできます。

若いターゲット層を狙うという意味だけでなく、老舗のサービスであってもSNSの運用や管理を上手に行えば、無料で十分に商品をアピールすることができるのです。

無料相談会で話を聞いてみよう!

オンラインセミナーの申込ボタン

Webデザイナーの将来性について

Webデザイナーの将来性が疑われる理由を述べてきましたが、市場では、コロナ禍や企業のDX推進化に伴う発展から、Web業界の仕事はニーズが高まっているのも現状です。

サイト制作や運用はどの企業も求めていて、DX推進を積極的に取り入れる企業においては業務の内製化に伴いWebデザインができる人材を育成するところも増えています。

そういった背景からもWebデザイナーの需要は落ちるどころか、年々増えているとも言えます。Webデザイナーの将来性はあると言えますが、技術やトレンドの変化は著しく、自己成長を続けることが将来的にも必要です。

Webデザイナーの将来性はトレンドが鍵

便利なツールの開発により、プログラミングやコーディングの知識がなくても簡単にサイト制作ができるようになりましたが、Webデザインの需要がなくなるわけではありません。
初心者でも制作しやすいツールは一定のデザインしか作れず、細かな調整やデザインセンスの幅を広げようとすると、Webデザインの知識が必要です。そのため、トレンドに合わせたユーザーニーズを理解し、情報収集しながらスキルを向上していくことが重要です。
将来のためにもデザインの専門知識とクリエイティブな発想をもちながら、常に新しいアイデアや技術に挑戦し、自己表現の幅を広げていきましょう!

無料相談会で話を聞いてみよう!

オンラインセミナーの申込ボタン

Webデザイナーの将来性における今後のスキル

Webデザイナーとして活躍していくためには、基本的なスキルはもちろんのこと、これからの時代を生き抜くためにも求められるスキルがあります。それでは一体どんなスキルが必要なのかみていきましょう!

【Webデザイナーの基本スキル3つ】

  • ・UI/UXの追及
  • ・ディレクションスキル
  • ・フロントエンドのプログラミングスキル

UI/UXの追及

消費者のニーズは多様化し、エンドユーザーを意識したWebサイトの制作はもっとも重要な課題です。そういったユーザビリティを意識したデザインを「UI/UXデザイン」と言います。UIデザインはユーザーの快適性を追求、UXデザインは情報の効果的な設計を指し、サイト制作には欠かせない部分です。

ユーザーの視点を理解し、ニーズに合わせたデザインを提供するためにはユーザーの調査やテストの実施を行う場合もあります。いくども改善を重ねることで、ユーザビリティを意識したサイト構造になり、集客や収益に繋げることができます。

まずは、UI/UXデザインのスキルを身に着けることを前提に、マーケティングやデータ分析などの知識をもっておくと良いでしょう。周りのWebデザイナーと差別化ができるので、案件獲得にも効果的です。

ディレクションスキル

サイト制作は、Webデザイナー以外にもカメラマンやライターなど、時には制作に必要なクリエイターとチームになって仕事をすることもあります。

ディレクターがいれば問題ないですが、制作予算の関係でディレクターが不在の場合は、Webデザイナーがディレクターの仕事を担うケースもあります。

ディレクターの仕事は現場監督のような立場であり、クライアントの要望を適切に把握し、それを具現化するためにチームと協力して進める能力が求められます。また、プロジェクトのスケジュール管理や予算管理も重要な役割です。

ディレクションスキルがあれば、プロジェクトの効率化や品質を向上させることもできます。ディレクションもできるWebデザイナーは、報酬単価が上がり人脈も広がるでしょう。

フロントエンドのプログラミングスキル

企業によっても異なりますが、Webデザイナーはコーディングを任されることもあります。

Webデザイナーは2種類あり、デザインのみを行うデザイナーとプログラミングもできるデザイナーです。昨今では、後者であるプログラミングスキルまで身につけたデザイナーの需要が高いと言えるでしょう。

プログラミング知識を持つWebデザイナーはデザインとコーディングの両方を担当できるため、デザインとサイト反映におけるコミュニケーションのギャップを埋めることができます。それにより、効率的にプロジェクトを実装でき、円滑なコミュニケーションを取ることができます。

【Webデザイナーの将来性における今後のスキル3つ】

  • ・AIのディレクションスキル
  • ・コミュニケーションスキル
  • ・目的を達成するためのスキル

AIのディレクションスキル

簡易的なサイトツールやAIの発達により、一般的なスキルがなくてもWebサイトの制作ができるようになりました。技術の発展という意味では非常に喜ばしい一方、一定の技術に留まっており、より高度なデザインやUI/UXを含めたディレクションスキルにおいては物足りなさを感じる人も少なくありません。

また、AIで制作をしても、中には間違った情報や求めるゴールに差異がある場合もあります。そういったところは人の手を介して修正する必要があります。

正しい知識を持っていれば、AIが制作したものをより良くすることができます。また、簡易的なツールやAIよりも、コミュニケーションを重ねることでクライアントやエンドユーザーに喜ばれるサイト制作が可能です。

効率的な手法を取り入れることは良いことですが、人間力が必要な場面も多く存在しますので、AIのディレクションができるスキルは今後必須となるでしょう。

コミュニケーションスキル

Webデザイナーは、クライアントとの円滑なコミュニケーションがその後のサイト制作に大きく影響します。

度重なる打ち合わせでは、クライアントのニーズや課題を正確に把握する必要があり、目的に添ったデザインの意図をわかりやすく伝えることが求められます。なぜこのデザインを選んだのか、どのような効果が期待できるのかを明確に伝えることで、クライアントの理解を得ることができるからです。

クライアントによっては「どうしたいのか」ということが明確にあるとは限りません。曖昧な言葉しか引き出せない場合もありますが、「今よりも良くしたい」という思いはクライアントもデザイナーも同じです。曖昧なまま制作して「やっぱり違った」とならないためにも、イメージをビジュアル化し、お互いに方向性を定めましょう。

コミュニケーションを重ねるうちに、相手の言いたいことが理解できるようになれば、明確なゴール設定もできクライアントの課題解決にもつながります。

目的を達成するためのスキル

Webデザイナーは、クライアントの目的やニーズを解決するためにサイト制作を行います。集客、売上、ブランドのイメージ向上など、さまざまな課題を解決することは容易な道のりではありません。

もちろん、ユーザビリティの観点からUI/UXの操作性、ブランドらしさといったデザイン上で解決できることも多くあります。しかしながら、それだけでは解決できない問題もあります。

他社との差別化を図るための市場調査や、競合他社との差別化、流入数を上げるためのSEO対策といったデザイン以外のスキルもあると、Webサイトそのものの価値を上げることができます。

多岐にわたるスキルを身に着けることが全てではありません。自分にとって得意不得意もあると思いますが、クライアントに求められるWebデザイナーを目指すなら、将来的に何が必要かを見極めて情報収集していくことをオススメします。

Webデザイナーの将来性を考えたらJ CLASS ACADEMY

本記事では、Webデザイナーの将来性とそのために必要なスキルを詳しく解説しました。Webデザイナーの将来性に疑問の声が上がる一方で、Webデザイナーはこれからも需要があることがわかりました。そのためにも、将来性を見据えた情報収集をしていくことが必要であることも明らかになりました。

J CLASS ACADEMYは「企業が求める人材育成」に特化したWebデザイナースクールです。社会人スキルといった人間力の学びにも特化しており、今回紹介した将来性に向けての「スキル+α」の部分を習得できるスクールです。ぜひ一度、相談会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

無料相談会で話を聞いてみよう!

オンラインセミナーの申込ボタン

気になることをなんでも聞ける!

無料相談会開催中!

Webデザインのことや、お金のこと、勉強方法
何でも丁寧にご説明しますので
お気軽にご参加ください。

申込までの流れの図 無料相談会に参加する