Webデザイナーとプログラマーはどっちがいいの??それぞれの違いを解説 | Webデザインスクールの J CLASS ACADEMY
徹底解説

未経験からWebデザイナーを目指すポイント

Webデザイナーとプログラマーはどっちがいいの??それぞれの違いを解説

  • TOP
  • コラム
  • Webデザイナーとプログラマーはどっちがいいの??それぞれの違いを解説

これから手に職をつけたい、フリーランスとして仕事をしたいとお考えの人は多いのではないでしょうか。
その際の仕事の候補によくあがるのが、Webデザイナーやプログラマーです。
どちらもパソコンとインターネット環境があれば、好きな場所で仕事ができるため、大変人気の職種です。
そこで今回は、Webデザイナーとプログラマーのどっちを選ぶべきなのかについてお話ししますので、参考にしてみてください。

Webデザイナーとプログラマーの違いって何?

Webデザイナーとプログラマーは、パソコンを使って仕事をすることは同じですが、方向性がまったく異なります。

Webデザイナー

Webデザイナーはその名の通り、インターネット上に公開されるさまざまなデザインを担当する職種です。
例えば、ホームページ全体のデザインだけではなく、バナー、アイコンなどの作成もWebデザイナーの仕事です。現在ではSNSや動画投稿も人気のため、それに関するアイキャッチ画像作成や編集も需要があります。Webデザイナーは基本的に、PhotoshopやIllustratorなど専門のソフトを使用し、デザインを作っていきます。

プログラマー

プログラマーは、PHPやJavaなどのプログラミング言語により、ソフトウェアやシステムを構築する職種です。基本的にプログラマーは、システムエンジニアが設計した内容をもとに、プログラミングをしていきます。仕事内容は、データベースの構築やアプリやシステム開発など、かなり多岐にわたります。プログラマーは仕事内容によって、システム開発を担当することもあれば、アプリやゲームの開発を担当することもあります。
また、プログラミング言語も多岐にわたり、仕事内容によって求められるものが異なります。

Webデザイナーとプログラマーのどっちがいいの?

年収や学習難易度、将来性などによってWebデザイナーにするのかプログラマーにするのかが変わってくるのではないでしょうか。

人口

Webデザイナーやプログラマーなど、ひとつの職種の人口が多ければ多いほど人気ですし、競争が激しくなる、という状況でもあります。Webデザイナーの人口は20万人くらい、プログラマーの人口は80万人くらいと言われています。人口で言うと、圧倒的にプログラマーが多い傾向にあるのと同時に、ライバルがたくさん存在しているということでもあります。

年収

Webデザイナーの平均年収は380万円くらい、プログラマーの平均年収は410万円くらいです。年収ベースで見ても、プログラマーが数十万円ほど高い傾向にあります。ただしプログラマーは言語によって平均年収が大きく異なるため、この限りではありません。

学習難易度

学習難易度は、Webデザイナーよりもプログラマーが圧倒的に難しいです。Webデザイナーは、基本的にデザインの知識やそれに関するソフトを使えれば仕事はできますが、プログラマーの場合は複雑な言語を理解しなければなりません。
例えばホームページ関連で必要なPHPやJavaScriptであればまだ易しいですが、AI関連のPythonやアプリ開発などで使われるC++はかなりの難易度です。

将来性

Webデザイナーもプログラマーも、将来性のある仕事だと言えます。Webデザイナーの場合は、ホームページ製作に関するものだけではなくSNSや動画投稿に必要なデザインを担当できます。つまり、ホームページやSNS、動画投稿がなくならない限りWebデザイナーの仕事はあり続けるということです。
また、さまざまな場面でAIなどの自動化が必要とされている世の中を見ると、プログラマーにも将来性はあると考えるべきです。

無料相談会で話を聞いてみよう!

オンラインセミナーの申込ボタン

Webデザイナーを選ぶべき人

Webデザイナーを選ぶべき人には、いくつかの特徴があります。

コミュニケーション力に自信がある

Webデザイナーは、クライアントとの打ち合わせを経て、希望のデザインを仕上げます。コミュニケーションが得意であれば、クライアントが考えていることをしっかり理解できますし、分かりやすく提案も可能です。会話をするのが好き、人の話を聞くのが好きな人はWebデザイナーに向いています。

オシャレやトレンドに敏感

普段からファッションにこだわりがあったり、絵やイラストを書くのが好きだったりしませんか。仕事がデザインということから、オシャレやトレンドに敏感な人はWebデザイナーを選ぶべきです。絵やイラストを書くのが好き、キレイなものや可愛いものはつい見たくなる、SNS投稿では映えを気にするなどであれば、Webデザイナーは天職だと言えます。
とくに、絵やイラストが得意であれば、その特技をWebデザイナーに活かせます。

細かいところに気づく

インターネットで掲載されるデザインは、たくさんの人が閲覧してくれるため、ミリ単位でもデザインが違うと見る人の印象は大きく異なります。ですから、そのミリ単位の違いに気づける人はWebデザイナーに向いています。いくつかのデザインを考案し、テストを経て良し悪しが判断できる人もWebデザイナーを選ぶべきです。

コツコツ作業が好き

Webデザイナーは華のある仕事のイメージがありますが、実際はコツコツ作業が多くあります。なぜなら、ほとんどはパソコンの画面とにらめっこをしながらデザインをするからです。打ち合わせでデザイン案のやり取りはありますが、実務になると自分で考えてソフトの操作をし続けるため、黙々と作業をしなければなりません。それでもコツコツ作業が好きで苦にならない人は、Webデザイナーに向いています。

プログラマーを選ぶべき人

プログラマーも選ぶべき人にも、いくつかの特徴があります。

常に学び続けられる

勉強が好きで、新しいことにどんどんチャレンジしたい人は、プログラマーを選ぶべきです。なぜなら、IT業界はどんどん進化し続けているからです。例えば、昔はホームページをパソコンメインで見られていたものが、今ではスマートフォンがメインになったり、手動だったのが自動化されたりなど、ここ数年でめまぐるしく変化しています。この変化についていける、学ぶ意欲がある人はプログラマー向きです。

新しいものを作るのが好き

いちから何かを生みだすのが好きな人はプログラマー向きです。何もない状態からアプリを作るのが、プログラマーの仕事です。アプリやシステムなど、自分のアイデアをもとに作りたい、完成したときの達成感を味わいたい人はプログラマーを選びましょう。

バグを探すのが苦痛ではない

プログラマーは、プログラミングで開発だけをするわけではありません。作ったシステムやアプリにバグが発生することも多々あります。バグを見つけるのはかなり大変で、針に糸を通すような作業がずっと繰り返し行われます。バグを発見したとしても、思い通りに修正できないこともあるため、修正が苦痛ではなく、むしろ発見して解決したいという気持ちが強い人はプログラマー向きです。

集中力に自信がある

プログラマーは、ソースコードの文字列の入力が永遠に続きます。正直、デザイナーみたいに色やトレンドとかのオシャレさはそこまでありません。文字列を長時間見ていても切れない集中力をお持ちであれば、プログラマー向きと言えます。

まとめ

パソコンひとつで仕事をしたいと考えた場合、Webデザイナーかプログラマーのどちらがいいのかを迷ってしまうものです。Webデザイナーもプログラマーも内容がまったく異なるため、選択肢としては難しく感じられます。年収や将来性も重要ですが、自分に向いているのかをしっかり考えるべきでしょう。

無料相談会で話を聞いてみよう!

オンラインセミナーの申込ボタン

気になることをなんでも聞ける!

無料相談会開催中!

Webデザインのことや、お金のこと、勉強方法
何でも丁寧にご説明しますので
お気軽にご参加ください。

申込までの流れの図 無料相談会に参加する