Webデザイナーのやりがいを感じる瞬間6選!厳しいって思うときも? | Webデザインスクールの J CLASS ACADEMY
徹底解説

未経験からWebデザイナーを目指すポイント

Webデザイナーのやりがいを感じる瞬間6選!厳しいって思うときも?

  • TOP
  • コラム
  • Webデザイナーのやりがいを感じる瞬間6選!厳しいって思うときも?

どんな仕事にもやりがいをもっている人は多いのではないでしょうか。
当然ながらWebデザイナーも、個々でやりがいをもって仕事をしています。
ですが、これからWebデザイナーになりたい人は、どのようなやりがいがあるのか、実際にやっていけるのかどうかが気になりますよね?
そこで今回は、Webデザイナーのやりがいについてお話ししますので、参考にしてみてください。

Webデザイナーがやりがいを感じる瞬間は?

Webデザイナーがやりがいを感じる瞬間はたくさんあります。

自分のデザインから問い合わせにつながったとき

作られた多くのデザインは、クライアントのWebサイトのどこかに公開されているはずです。
例えばそのデザインが問い合わせにつながるものであれば、提供した会社に貢献したということですから、これほど嬉しいことはありません。
実際には多くの人がデザインを見て問い合わせをしたものの、直接的な声はなかなか聞かれないため、より貴重な意見だと考えるべきです。
また、デザインが何かしらの役に立ったことが分かればモチベーションの維持にもつながりやすくなります。

納品後にクライアントから感謝されたとき

Webデザイナーがもっともやりがいを感じるのは、直接的にクライアントから感謝されたときです。
自分で作ったデザインが、クライアントのホームページで公開されたときに、問い合わせが増えたり、社員からの反応が良かったりしてお礼を言われる場合があります。
毎回お礼を言われるわけではないため、そのような機会があれば、とても光栄なことだと考えるべきです。

自分のデザインを多くの人に知ってもらえたとき

自分で考え作りだしたデザインは、何らかの形でインターネット上に公開されます。
世界中の人たちが、自分が作ったデザインを見てくれるため、とてもやりがいを感じられます。
とくにアクセス数の多いホームページであれば、確実にデザインされたバナーやロゴなどを見られるため、作ってよかったと心からそう思えます。

自分のデザインで新規の仕事が獲得できたとき

自分がフリーランスなど、自力で仕事を獲得する立場であれば、次の依頼がもらえるのかどうかが重要になってきます。
例えばクライアントにデザインを納品した結果、評価をされ、リピーターとして継続で仕事をもらえることもあります。また、そのクライアントからの紹介で、新規のデザインの仕事ももらえる可能性があります。
自分の努力が実を結んだことにより、大きなやりがいを感じられます。

手に職をつけられたとき

今は昔とは違い、どこかの会社に勤めないといけない、という時代ではなくなりました。
ですが、手に職をつけないと、結局のところは会社勤めをしなければなりません。
Webデザイナーのスキルをマスターすれば、会社勤めではなく、フリーランスとして働けるため大きなやりがいを感じられます。
仕事をするのもしないのも自分の責任ですから、やりがいをもって仕事ができます。

ストレスを感じない毎日が送られるとき

会社勤めの場合、どうしても人間関係の問題や、やりたくない仕事をしなければならないことが多々あります。
ですが、フリーランスのWebデザイナーとして活動する場合は、面倒な人間関係に悩まされることはなく、やりたくない仕事はやらなくてもいいというメリットがあります。
毎日が好きな時間に好きなだけ仕事ができるため、ストレスから解放された結果、やりがいを感じられます。

無料相談会で話を聞いてみよう!

オンラインセミナーの申込ボタン

Webデザイナーはやりがいだけではなく厳しさもある?

Webデザイナーは、やりがいだけで仕事ができればいいですが、厳しさももちろんあります。
それは、Webデザイナーに限らず、どんな仕事にでもあるものです。
やりがいだけではなく厳しさもしっかり理解をしておけば、Webデザイナーになったことを後悔しなくなるでしょう。

Webデザイナーは競争が激しい

Webデザイナーは大変人気の職業です。
大げさに言うと、ひとつの仕事に対して多くのWebデザイナーが仕事を取り合う状態です。
ただし、Webデザイナーという職種は資格があるわけでもなく、ある意味デザインを習いはじめの初心者もWebデザイナーと名乗れてしまう世界です。
ですから、デザインのことを日々勉強し、実務経験もしっかり積むことで多くのライバルとの競争を勝ち抜けるようになります。

勉強し続けなければならない

デザインは基礎を覚えればなんとかなりそうな気がしますが、決してそうではありません。
デザインは流行り廃りがあるため、のんびりしていると時代に追いつけなくなってしまいます。
日々の業務をこなしながら、トレンドなどの情報収集を行い続けていると、今後も優秀なWebデザイナーとして活躍していけます。

Webデザイン以外の勉強もしなければならない

実はWebデザイナーは、デザインだけを学べばそれでよし、というわけではありません。
なぜなら、デザインだけしかできないと、できる仕事が限られてしまうからです。
とくにインターネットに関わるWebデザイナーであれば、特化しすぎると仕事がなくなります。
例えば、ホームページの編集や更新ができるよう、最低でもHTMLやCSSを覚えておくといいでしょう。

忙しくなると納期に追われる

仕事がなさすぎても困りますが、依頼が殺到すると納期に追われる日々が待っています。
どんな仕事でもそうですが、設定された納期を守るのは絶対です。
もし、1回でも納期遅れをだしてしまうと信用を失われ、継続の仕事が取れなくなってしまうほど重いものです。
自分が人気Webデザイナーになればなるほど依頼が殺到し、毎日が仕事漬けになってしまう可能性があります。

すべてのデザインが認められるわけではない

デザインは計算式のように正解がありません。ですから、クライアントとの打ち合わせでいかにヒントを得られるのかが重要になってきます。
渾身の力作だと思っていても、クライアントからすれば修正対象となり、気分が落ちてしまうこともあるでしょう。
それだけWebデザイナーの世界は難しいということですが、そこを乗り切れれば、もっと強い自分になれるでしょう。

Webデザイナーは何の仕事が多いの?やりがいに結びつく?

Webデザイナーとひとくちに言っても、インターネット上で公開されるさまざまなデザインを担当します。
例えば、ホームページ全体のデザインからはじまり、バナーやアイコン、ランディングページや、それ以外ですと、InstagramやYouTubeのサムネイル、ブログの画像などが該当します。
数年前まではホームページ関連のデザインがメインでしたが、ここ最近ではInstagramやYouTubeのサムネイル作成も大きな需要があります。
一生懸命仕事をしていると、今まで経験したことがないような仕事の受注につながる場合もありますし、有名になればインフルエンサーから相談をされる立場になってくることも考えられます。
誰かに自分のデザインが求められるようになってくると、やりがいを感じられるようになり、毎日を楽しく過ごせます。

無料相談会で話を聞いてみよう!

オンラインセミナーの申込ボタン

まとめ

Webデザイナーはとてもやりがいのある仕事で、大変人気の職種です。
やりがいはたしかに大切なことですが、厳しさという部分も少しは知っておくべきです。
今後、Webデザイナーとして頑張りたいとお考えであれば、やりがいもそうですが厳しさもしっかり理解したうえで仕事をしてみてはいかがでしょうか。
良いことだけではなく悪いことも知っておけば、壁にぶち当たったときに乗り越えられるようになります。

気になることをなんでも聞ける!

無料相談会開催中!

Webデザインのことや、お金のこと、勉強方法
何でも丁寧にご説明しますので
お気軽にご参加ください。

申込までの流れの図 無料相談会に参加する