未経験からWebデザイナーを目指すポイント2 | Webデザインスクールの J CLASS ACADEMY
徹底解説

未経験からWebデザイナーを目指すポイント

【初心者必見】
Webデザインの勉強方法オススメ3選

独学よりもスクールが良い理由を解説

  • TOP
  • コラム
  • 未経験からWebデザイナーを目指すポイント2

「Webデザイナーになりたいけど、独学とスクールどちらで学習すれば良い?」「仕事や育児をしながらでも学べる方法はあるの?」と考えている人必見!この記事では、Webデザインの学習に必要なものから、効率的な勉強方法、さらには適切なスクールの選び方までをまとめて詳しく紹介します。これからWebデザイナーを目指す人やWebデザインの学習に興味をお持ちの人は、ぜひ参考にしてください。

Webデザインを勉強するメリットとは?

勉強方法を解説する前に、Webデザインを学ぶメリットを紹介していきます。
「こんな生活がしたい!」「Webデザイナーになりたい」など、目的をもってこれから勉強を始めようとしている人は、ぜひ今後のモチベーションに繋げるためにも参考にしてみてください。

Webデザインを勉強するメリット

  • ・在宅で仕事ができ、働く時間を自分で管理ができる
  • ・需要が高まり案件が多く副業しやすい
  • ・キャリアの幅が広がる
  • ・スキル次第で高単価の案件を受注できる
  • ・自分の制作物が世の中に出る

Webサイトを作成して発信したいという需要は現在進行形で高まっている中、まだまだWebデザイナーの数が足りていないというのが現状です。今後のキャリアを考えていく上でも、未経験からでも挑戦できる魅力のあるお仕事と言えるでしょう。

無料相談会で話を聞いてみよう!

オンラインセミナーの申込ボタン

Webデザインの勉強に必要なものとは?

いざWebデザインの勉強を始めようと思っても、必要なものが揃っていないと何もできません。まずは揃えておきたいものを見ていきましょう。

Webデザインの勉強で必要なもの

  • ・必要スペック以上のパソコン
  • ・ツールやソフトウェア

ここからは、それぞれの内容を詳しく解説していきます。

必要スペック以上のパソコン

Webデザインを学ぶ際には、一定以上のスペックを持つパソコンが必要となります。これは、大量の画像やイラストを扱うため、高いデータ処理能力が求められるからです。

Webデザインをする上で必要なパソコンの条件

  • ・パソコンの処理速度に関係するCPUは Intel Core i5 / AMD Ryzen 5 以上
  • ・メモリの容量は16GB以上
  • ・ストレージはSSDで256GB以上
  • ・画面のサイズは15インチ以上

また、長時間の作業をすることを考えると、周辺機器関連にもこだわりたいところです。腕に負担をかけないマウスやキーボードを選び、作業環境の快適さを追求することも大切です。

―そもそもパソコンのスペックとは

「スペック」という言葉は、「Specification」の略で、日本語では「仕様」と訳します。これをパソコンに適用すると、「パソコンの能力」や「性能」を指す言葉になります。つまり、スペックが高ければ高いほど、そのパソコンはたくさんの処理を迅速にこなせます。逆に、スペックが低ければ処理能力は低くなります。

パソコンのスペックは、パソコンがどのように作られているか、具体的にはどんな部品が使われているかによって決まります。たとえば、同じ種類のOSを使っていても、パソコンの部品が違えばその性能も違います。CPU(中心的な情報処理装置)やメモリ(作業を行うためのスペース)の容量が違うパソコンは、もちろん処理能力も違います。

―MacとWindowsはどっちがいい?

結論から言うと、MacかWindowsかはユーザーの好みで選らんでOKです。MacとWindowsのどちらでもWebデザインは問題なく行うことができますが、それぞれにメリットがありますので下記を参考にしてみてください。

Macを選ぶメリット

  • ・Webデザインに必要なフォントがすでにインストールされている
  • プログラミングしやすい環境設定
  • ・高品質・高画質のディスプレイ
  • ・必要に応じてWindowsも使える柔軟性

Windowsを選ぶメリット

  • Macに比べて価格が手頃
  • ・多くの企業がWindowsを使用しているため、互換性の問題が少ない
  • ・多種多様なアプリケーションが利用可能
  • 多くのユーザーと同じ環境で作業や検証が可能

上記のメリットを参考に、自分にあったものを選びましょう。

ツールやソフトウェア

次にWebデザインを学ぶためには、適切なツールとソフトウェアを用意する必要があります。Adobe社のソフトウェア、特に「Photoshop」「Illustrator」は基本です。この2つは、Webデザインやイラスト作成、写真加工などに用いられます。

さらに、「Adobe XD」というUI/UXデザインツールも重要です。これはWebサイトやモバイルアプリのデザインに特化しています。デザイナーだけでなく、Webディレクターやプランナーも使用します。

また、最近ではAdobe 社のソフトウェアの代わりとなる、無料で使用できる「Figma」というWebデザインツールもあります。「Figma」はブラウザ上で簡単にデザインができるツールなので、初心者にも使いやすく、デザインの共有がしやすいのも特徴です。

その他にも、ブラウザの拡張機能やアプリを使うと、デザイン作成の効率が上がります。色を調べる「ColorPick Eyedropper」や、デバイスごとの表示を確認する「User-Agent Switcher」などがあります。これらを活用しながら学習を進めると良いでしょう。

―そもそもツール・ソフトウェアとは

ツールやソフトウェアは、コンピュータが特定の作業を助けるためのプログラムです。例えば、文書作成ツール(Microsoft
Wordなど)は文章を書くため、画像編集ソフトウェア(Photoshopなど)は写真や画像を調整するために使われます。

それぞれのツールやソフトウェアは特定のタスクに特化しており、初心者でも使いやすいように設計されています。それらは通常、パソコンにインストールして使うもので、インターネットからダウンロードできます。初心者の方でも安心して使用できるよう、多くのソフトウェアは使い方のガイドやヘルプ機能を提供しています。

無料相談会で話を聞いてみよう!

オンラインセミナーの申込ボタン

Webデザイナーになるための勉強方法3選

ここでは、Webデザイナーになるための勉強方法を紹介していきます。

オススメの勉強方法3つ

  • ・Webデザインのスクールに通う
  • ・書籍を購入して勉強する
  • ・Webサイトや動画で勉強する

それぞれ詳しく解説していきましょう。

Webデザインのスクールに通う

Webデザイナーになるための勉強方法1つ目は「Webデザインのスクールに通う」です。
スクールでは、経験豊富な現役スタッフや講師から、基礎からしっかり学ぶことができます。

そのため未経験者、経験者に問わず自分のレベルにあった学習をすることができます。
また、わからないことがあればすぐに質問でき、キャリアに関する悩みも相談できるため、学び続けるモチベーションを保つのに適しています。

スクール卒業後には、多様なキャリア支援を利用できます。具体的なサポート内容はスクールによって異なりますが、転職希望者向けの求人紹介や面接対策、副業やフリーランスを目指す方への案件紹介や営業アドバイスなどがあります。

スクールの料金は5万円から70万円までと、一見すると大きな金額に見えます。しかし、スクールで学んだ高度なスキルを使って、収入の高いWebデザイナーとして働くことを考えれば、長い目で見た時には価値のある投資と言えるでしょう。

書籍を購入して勉強する

Webデザイナーになるための勉強方法2つ目は「書籍を購入して勉強する」です。
自分のスキルレベルに合わせて選べる書籍は、必要なスキルを段階的に習得するのに役立ちます。

「どこから始めれば良いかわからない」場合、初級向けの入門書がおすすめです。一方、「より専門的な知識を学びたい」場合には、その主題に特化した専門書が適しています。また、「特定の分野を迅速に解決したい」場合は、逆引き機能のある書籍を選ぶと便利です。

具体的にどの本を選ぶべきかは、書店で直接内容を確認したり、高評価のレビューを持つ本を探したりすることで決めることができます。そして、同一ジャンルの書籍を複数読むことで、知識のギャップを埋めることが可能になります。

Webサイトや動画で勉強する

Webデザイナーになるための勉強方法3つ目は「Webサイトや動画で勉強する」です。
WebサイトやYouTubeなどの動画を使ってWebデザインを学ぶのは、手軽で費用がかからないという大きなメリットがあります。

しかし、その一方でいくつかの問題点も存在します。例えば、学習の流れが必ずしも体系的でなく、本来学びたいカリキュラムが取得しづらい場合があります。それに加え、自分自身で進める学習形式だと、挫折してしまうリスクも高まります。

また、提供する人によっては、非効率的な学習方法を薦めることもありますし、特定のデザイン観に片寄った情報になることもあります。したがって、どの情報を学ぶかは慎重に選ぶことが大切です。

無料相談会で話を聞いてみよう!

オンラインセミナーの申込ボタン

Webデザインの勉強はスクールで行うべき

上記でWebデザインの勉強方法について紹介しました。3種類の勉強方法にはそれぞれメリットがありますが、Webデザイナーを目指す方に当サイトがおすすめしたいのは「Webデザインのスクール」に通うことです。

スクールで学ぶメリット3つ

  • ・独学よりも継続しやすい
  • ・より実践的なスキルが身に付く
  • ・サポート体制が充実している

それぞれ詳しく解説していきましょう。

独学よりも継続しやすい

Webデザインの学習には、独学で挑戦する方法もありますが、その際に出てくる難しさの一つが「継続」です。初めての試みでは、わからないことや、つまづいてしまう部分が出てきます。自分だけでは解決できない問題があったとき、一人で考え続けることは精神的な負担になり、学習が停滞してしまうことがあるでしょう。

スクールであれば、そんな状況でも専門の講師がサポートを提供してくれるため、挫折せずにスムーズに学習を続けられるでしょう。また、他の学生たちと一緒に学ぶことで、自然とモチベーションを保つことができます。

より実践的なスキルが身に付く

Webデザインスクールは、自分で学ぶよりも、より現場で役立つ技術を身につけることができる場所です。

Webデザイナーになるには、PhotoshopやIllustratorを使った画像加工能力や、HTMLやCSSの知識などが必要です。これらを自分で学ぶことも可能ですが、何から学ぶべきか、またどこまで学べば良いか、という点で迷うこともあるでしょう。Webデザインスクールなら、このような問題を解決し、Webデザイナーとして働くための必要な技術を学ぶことができます。

これにより、現場で即戦力となる知識とスキルを身につけることができ、自信を持ってWebデザイナーとして活動することができるでしょう。

サポート体制が充実している

Webデザインのスクールでは、独学とは違い、充実したサポート体制が整っています。具体的には、専門の講師が個々の質問に答えてくれるだけでなく、学習計画の作成や進行の管理も行います。このようなサポートにより、自分一人では見つけられない学習の課題を見つけ出せるので、効率的に学習を進めることができます。

Webデザインのスクールを選ぶポイントは

ここまで、Webデザインを勉強するのにはスクールがおすすめであることを解説してきました。

そこで、次にどんなWebデザインスクールを選べば良いか、おさえておきたい5つのポイントをご紹介します。

スクール選びのポイント5つ

  • ・自分の生活に合わせて受講できるか
  • ・マンツーマンでの指導があるか
  • ・学習中から実戦的な技術が身に着けられるか
  • ・卒業生のデザインのレベルが高いか
  • ・卒業後のサポートが充実しているか

自分の生活に合わせて受講できるか

Webデザインのスクールを選ぶ際の重要なポイントの一つは、自分の生活スタイルに合わせて受講できるかどうかです。多くの人が仕事や学業と並行してスクールに通うことを考えるため、受講時間の柔軟性は大切な要素となります。

例えば、夜間や週末のクラスを提供しているスクール、またはオンラインで学習できるスクールは、時間や場所に縛られずに学習を進めることができます。生活スタイルに合わせた学習環境を選ぶことで、学習を継続しやすくなるでしょう。

マンツーマンで指導があるか

マンツーマンの指導があるスクールを選ぶことも重要です。Webデザインは技術的な要素が多く、未経験者にとっては一定のカリキュラムに進むと、言語が複雑かつ難しいと感じることも少なくありません。そんな時、質問や相談にのってもらえる指導者がいると、理解が深まります。

また、マンツーマンの指導があるスクールでは、自分の弱点や課題を明確に指摘してもらえることが多いです。そのフィードバックを元に、効率的にスキルを磨くことができます。

学習中から実践的な技術を身に着けらるか

Webデザインを教材から学べば、実際の社会ですぐに活躍できるというわけではありません。なぜならWebデザイナーは、クライアントとうまくコミュニケーションをとりながら、必要なスキルを習得し、現場で直面する様々な問題に対応できる力が必要だからです。

Webデザインスクールを選ぶ際には、教材の内容だけではなく、Webデザイナーとして活躍するための実践的な技術までサポートしてくれるかどうかで選びましょう。

卒業生のデザインのレベルが高いか

スクールを選ぶ際、卒業生のデザインのレベルを確認しましょう。卒業生のポートフォリオを見ることで、あなたがそのスクールに入った際の最終ゴール地点が確認できます。

それぞれのスクールの卒業生のポートフォリオを見比べて、自分の理想としているデザインに近いところを選びましょう。

卒業後のサポートが充実しているか

最後に、卒業後のサポート体制もスクール選びの大切なポイントです。学んだスキルを実際の職場で活かすためには、学習中から実践的なサポートが必要となります。例えば、就職・転職支援、案件の紹介、インターンシップの機会などを提供しているスクールは、卒業後もしっかりとしたサポートをしてくれます。

こうしたサポート体制の充実したスクールを選ぶことで、学んだスキルを無駄にすることなく、実社会で活かすチャンスを得られます。

まとめ:Webデザインは「J CLASS ACADEMY」で学ぼう

この記事では、Webデザイナーになるための必要な知識とスキル、効果的な学習方法、そしてスクールの選び方について詳しく解説しました。Webデザイナーへの道はさまざまで、一つの正解はありませんが、自分のライフスタイルや目標に合わせて最適な学習方法を選ぶことが必須です。

スクール選びでも、自分の目的にあったスクールを選ぶことが学習の成功につながります。これらのポイントを参考に、Webデザインの勉強を始めてみてください。「独学は続かない」「実践的なスキルがほしい」という方はぜひ「J
CLASS ACADEMY」の無料相談会に足を運んでみてください。

無料相談会で話を聞いてみよう!

オンラインセミナーの申込ボタン

気になることをなんでも聞ける!

無料相談会開催中!

Webデザインのことや、お金のこと、勉強方法
何でも丁寧にご説明しますので
お気軽にご参加ください。

申込までの流れの図 無料相談会に参加する